« 2005年10月 | メイン | 2005年12月 »

27
November
2005

BALL

051127ball.jpg

by LEICA D-LUX 2 / DC VARIO-ELMART 6.3mm [32mm] f2.8

美しくはないが、やはり秋の色。

投稿者 TAKAHASHI : 10:03 | コメント (2) | トラックバック

26
November
2005

甘く危険な接写

051126jyaguchi.jpg

by LEICA D-LUX 2 / DC VARIO-ELMART 6.3mm [32mm] f2.8

LEICA D-LUX2のMACROフォーカスは、スッとピントが合う。
また、かなり寄れるので知らず知らずに近づいている。
気が付くと、水没寸前...

投稿者 TAKAHASHI : 09:07 | トラックバック

25
November
2005

空を測る人

051125sora.jpg

by LEICA D-LUX 2 / DC VARIO-ELMART 19mm [85mm] f4.9

休館日も休まず、空を測る人。
[金沢21世紀美術館]

投稿者 TAKAHASHI : 09:05 | コメント (2) | トラックバック

23
November
2005

外光

051123logo.jpg

by LEICA D-LUX 2 / DC VARIO-ELMART 6.3mm [28mm] f2.8

館内の照明が無いと、また違った陰影も見えてくる...
休館日の金沢21世紀美術館。

投稿者 TAKAHASHI : 08:40 | トラックバック

22
November
2005

静かなる憩いの場

051124isu.jpg

051122book.jpg

by LEICA D-LUX 2 / DC VARIO-ELMART 6.3mm [28mm] f2.8

休館日の金沢21世紀美術館は静か...
館内は整備のためか暖房がかかっていて、ポカポカ暖かいし、
これはこれで快適な空間かも。

LEICA D-LUX2は、かなり快適なスナップが行える。
フォーカスも早いし、プレビューも早い。
RAW撮影も全くストレスを感じさせない。
心地いいリズムでスナップ出来るばっかりに、
巨大なRAWファイルがあっという間にメディアがいっぱいにしてしまう...

投稿者 TAKAHASHI : 07:07 | コメント (2) | トラックバック

21
November
2005

ポジの記憶

051121po2.jpg

051121po1.jpg

by LEICA D-LUX 2 / DC VARIO-ELMART 6.3mm [28mm] f2.8
休館日の金沢21世紀美術館

自分の中で、シャッターを切ったときの被写体のイメージは、
気づかないうちに、ポジで撮った時の仕上がりイメージに
変換されているのかも知れない。

051121po3.jpg

RAW vs JPEGにて、ヴィーナスエンジンのカラーチューンに触れたが、今日朝、天気もよく同じ光でその空を見たとき、どちらかというとJPEGで撮った色味に近いという気がした。
撮ったときの印象は、RAWで撮った方の空の色味が記憶に残っていたが、あらためて見ると、JPEG画像の方が、見た目に近い。そう思うと、ヴィーナスエンジンはその色を忠実に再現する、かなりレベルの高いカラーエンジンなのかも知れない。
銀塩の頃は、90%近くポジで撮影していた。中でもコダクロームのドクッとした色味がたまらなく好きで、アンダーに振っては、その濃厚さを楽しんでいた。知らず知らずのうちにそのイメージが体に染みついているのかも知れない。
デジタルを使い出したときには、このデジタル特有の軽い色味が非常に許せなかった。それは言い換えると、ポジの色味が特有なのか....
写真のおもしろさは、ボケてたり、ぶれてたり、夕日が真っ赤になっていたり、空の色がすごく深いブルーになっていたり....見た目では得られない世界が表現出来るということがあると思う。その一つに、肉眼では、ほぼ適正露出だが、写真だと思いっきりハイキーにオーバーな表現もできれば、ドクッとアンダーに振った濃厚な表現もできる。
自分の中で、写真を撮る行為、シャッターを切る行為は、当たり前に、そのおもしろさを得るために行っているとすると、忠実に撮れる、イコール満足という事ではない気がする。しかし、そのイメージを創りあげることが出来るカメラが、いいカメラとして評価しているのかも知れない。

投稿者 TAKAHASHI : 15:04 | トラックバック

20
November
2005

美しい白...DC VARIO-ELMART

051120gyosen.jpg

by LEICA D-LUX 2 / DC VARIO-ELMART 6.3mm [32mm] f2.8

DC VARIOのコーティングの特徴か、
Digilux1から感じていることだが、なんか抜けがいい。
好みからかなりアンダーに補正して撮ったりする。
それでも、白い部分が、濁らずスーと抜けていて気持ちいい。
この漁船のスナップなど、非常に好みの感じになっていて、
D-LUX2は、デザインよし、写りよしと、満足度の高い一台である。

051120ikari.jpg

by LEICA D-LUX 2 / DC VARIO-ELMART 18mm [90mm] f4.5

EOS 5D購入にあたり、防湿庫の中身を総ざらいしてしまい、デジタルのサブ機を求めて、ここのところ物色中ではあったが、自分の中で、サブ機は先ずスタイル重視、次に良く写るという優先順位であった。
D-LUX2のスタイルの良さは、やはり出っ張ったレンズと、アルミ削りだしの雰囲気である。この出っ張ったレンズは、携帯性は欠くもののレンジファインダーを想わせる佇まいがある。また、白銀のボディは、LX1にあるような、グリップもなくすっきりとしていてプロダクトデザインの力の差を感じる。
レンズの良さに絶大な評価を得ているGR Digitalの陰に隠れてPanasonic LX1のLEICA版的な扱いで、世の中では、目立っていないが、このD-LUX2は非常に高く評価できるカメラだと思う。出っ張ったレンズは、伊達ではなく、ズームレンズにして広角側の歪みも無いとは言えないもののよく補正されていて、僅かな樽型が残る程度である。(それを言うとEF24-105LはLレンズでありながら結構樽型が出てる...)望遠側も、よくあるコンパクトデジタルのようなボヤッとした印象はなく、シャープさもあり、結構使えるという印象。またRAWで撮る画像は、階調も豊富で、色味をいじることなくニュートラルな絵づくりである。(これが16MBもあるのは問題だが...)
地球の果てまでとはいかないが、自分の中でD-LUX2は常に持って歩きたいカメラである。

投稿者 TAKAHASHI : 14:53 | コメント (2) | トラックバック

19
November
2005

MACRO / LEICA D-LUX2

051119roop.jpg

by LEICA D-LUX 2 / DC VARIO-ELMART 6.3mm [28mm] f2.8

最近のコンパクトデジタルは、相当接写が効く。
1/1.65inch CCDでも寄りでのボケ味は心地いい。

051119jyaguchi.jpg

by LEICA D-LUX 2 / DC VARIO-ELMART 6.3mm [28mm] f2.8

D-LUX 2は、先代のD-LUXと違い、ハイエンドコンパクト機並の
かなりのマニュアル機能も搭載している。
マニュアルフォーカスは、拡大された液晶を見ながら合わせることが出来る。
この操作感がじっくりと撮るには意外と楽しい。
実際はスポットAF機能などあり精度も高いので、ほぼ使うことは無いが...

投稿者 TAKAHASHI : 10:42 | トラックバック

19
November
2005

RAW vs JPEG / LEICA D-LUX2

051119testraw.jpg

by LEICA D-LUX 2 / DC VARIO-ELMART 6.3mm [28mm] f2.8
/ RAW - Photoshop CS2

051119testjpg.jpg

by LEICA D-LUX 2 / DC VARIO-ELMART 6.3mm [28mm] f2.8
/ JPEG

JPEG撮影で、イメージ通り撮れればそれにこしたことがないが、
RAW撮影が出来るということを前提にしてD-LUX 2を選んで購入している。

購入時からRAWにて撮影していたが、DMC-LX1のサンプル等で気になっていた、シアンピンクに振れた妙な色合いは、少し撮った感じではその傾向は無く、自然な発色で非常に満足していた。しかし、そのRAWで同時記録されているJPEGを見ると、正にそのシアンピンクに振れた画像であった。そのややパステル調の鮮やかな感じは、一般には好まれるのかも知れないが、自然な発色とは言い難い。空の色や、原色に近い色など彩度の高いものほど強調されている。ヴィーナスエンジンの特徴なのかもしれない。
ともかくRAWで撮影する分には、ニュートラルなDATAで記録されるので、使い分けすればいいという感じである。しかし、この非圧縮のRAWデータが16MBほどある。同時記録されるJPGが1MBほどで、合わせると17MB。1GBのSDでも50カットそこそこしか撮れない...。ちょっと燃費悪すぎか。

051118leica1.jpg

051118leica1jpg.jpg

上:RAW撮影 Photoshop CS2にて撮影設定のまま現像
下:同時期録のJPEG
プロファイルは、JPEG撮影データに合わせ、sRGBで統一。

投稿者 TAKAHASHI : 08:37 | トラックバック

18
November
2005

白銀のLEICA D-LUX2

051118leica2.jpg

by LEICA D-LUX 2 / DC VARIO-ELMART 6.3mm [28mm] f2.8

白銀に輝くそのシンプルな筐体は、
歴代の強烈にPanasonicと差別化した
LEICA DIGITALのデザインに比べると、やや印象は弱い。
しかし、オリジナルパーツは、少ないもののDMC-LX1とは別物に見える。
あらためてデザインの力を感じる。

051118ha.jpg

by LEICA D-LUX 2 / DC VARIO-ELMART 6.3mm [28mm] f2.8

前面をフラットにし、白いシルバーで塗装され、LEICA FONTSを使ったボディ。
スイッチ類は全てLX1と共通部品。
そのため、LEICA版的・強烈価格も抑え気味なのでありがたい。
欲を言えば、モードダイヤルもLEICA FONTSでオリジナルにして欲しかった。
写りに関しては、少しずつ撮ってみて...

leicadlux2.jpg

LEICA D-LUX 2 / photo by Canon EOS 5D / Carl Zeiss Planar 50mm f1.4

投稿者 TAKAHASHI : 09:17 | コメント (4) | トラックバック

12
November
2005

街灯

051112denchu.jpg

by Canon EOS 5D / Carl Zeiss Distagon 28mm f2.8 T*

焦点距離の心地よさは、自分の中で結構周期的に廻っている。
このDistagon 28mmも、CONTAX時代は、
モロッコに行ったときなど非常によく使った。

フルサイズデジタルを得て久しぶりに28mm単焦点を装着して散策してみると、
これはこれで意外と難しい...

50mmや35mmあたりの単焦点だと、構図もいろいろ駆使してみたり
フレーミングする行為のおもしろさとかあったりする。
また、21mm以上のワイドととなるとスケール感や、
強烈なパースを利用した、おもしろい表現が出来たりして、また楽しい。

一時期ワイドにはまったときは、21mm、いや17mm、
最後はHologon16mmまで手を出したが、
ワイドになればなるほど、表現が難しくなる。

撮影スタイルや、撮りたいものなども移り変わり、
それに合わせ日々成長しているのか分からないが、
今は50mm標準が結構心地良い。

投稿者 TAKAHASHI : 09:08 | トラックバック

11
November
2005

水中花

051111suichuka.jpg

by Canon EOS 5D / Carl Zeiss Planar 50mm f1.4
小松芦城公園

投稿者 TAKAHASHI : 08:27 | トラックバック

10
November
2005

茶室の忘れ物

051110kasatate.jpg

by Canon EOS 5D / Carl Zeiss Planar 50mm f1.4
小松芦城公園  仙叟屋敷ならびに玄庵

投稿者 TAKAHASHI : 11:29 | トラックバック

01
November
2005

水の宝石

051101rojyo_shizuku.jpg

by Canon EOS 5D / Carl Zeiss Planar 50mm f1.4
小松芦城公園

投稿者 TAKAHASHI : 16:16 | トラックバック