TOP > 11 Daily Shot, 54 Food and Drink, 79 EPSON R-D1s > 里見町オフ会

« スイスイ横浜へ | メイン | kazuの木 »

04
December
2006

里見町オフ会

61201satomi1.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

もう一週間も前だが、NOCAさんと「粉」へ。
そして場所を変えて連れてきてもらったのが、
「里見町リキュール」。
そこへKawakamiさんもやってきて、ちょっとした里見町オフ会。

61201satomi2.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

カウンターが、T字型になっており、横にマスター、
向かい会わせにお客さんっていう、なんともアットホームなお店。
ヒゲのマスターが、また、いい雰囲気で、
写真談義にえらい食いついてくる。
また、ひとつ立ち寄りポイントを見つけた。

投稿者 TAKAHASHI : 2006年12月04日 13:38

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://takahashi-design.com/cgi-bin/i-blog/mt-tb.cgi/253

コメント

例の、はまったスペシャルドリンクですね。

このショット、感度は1600?
やはり暗部のノイズがやや気になりますが、
CANONみたいにはいきませんね。

投稿者 bow : 2006年12月04日 14:47

このT時型のカウンターはとても評判のいいカウンターで、
向かいに座った人は誰でも仲良くお話ができる不思議なカウンターです。
話題に加わっても加わらなくてもいい絶妙な距離感が素晴らしい。
だからここに来るお客さんはみんな友達になってします。

投稿者 artexstyle : 2006年12月04日 15:34

nocaさん、はまったというか、はめられたドリンクですね。
感度は見たら800でした。
Canonと比較するのは酷です(笑)。
5Dの1600とR-D1sの400くらいがいい勝負かも・・・。
画質に注文付け出すと無限に話しが広がるのですが、
レンジファインダーの魅力を教えてくれたってことで
かなり大目に見ています。

Kawakamiさん、
飲み屋で知らない客同士友達になるって言うのはいいですね。
一人で行っても誰か居るって寂しがり屋にはピッタリです。
すこしその仲間に入れるよう、また足を運びます。

投稿者 TAKAHASHI : 2006年12月04日 16:34

そうそう、里見町Liquorのオヤジは
VOLVOオーナー仲間なのです。
240エステートの17年に近づきそうな、
渋い奴を乗りこなしています。

投稿者 bow : 2006年12月04日 16:48

やっぱりいいものは、長く使えますね。
そこまで行くと、もう一生物ですか。
っていうかあれの代わりはもう無いですね。

投稿者 TAKAHASHI : 2006年12月04日 17:24

EPSONはプリンターメーカーとして発色にこだわったらしく、いい色出しますね。
あっ、もちろんTAKAHASHIさんの腕もすごいですが!
R-D1は一生ものとなりえるでしょうか。
いや、もうライカM8に浮気しつつあるのでは??

投稿者 tetsu : 2006年12月11日 18:06

tetsuさん、こんにちは。
発色はわかりませんが、モノクロ表現には研究されている気はしますね。
発売から年月も経っても現代に生きているR-D1はがんばっているカメラですね。
しかし、どんなカメラもデジタルの場合、家電品。
一生もののデジカメって一生出てこない気がします。
M8の場合は、映像素子とファームだけの交換などを施してくれるようなら十分一生ものの予感はしますが。

投稿者 takahashi : 2006年12月11日 20:45

こんばんは。ご無沙汰、NIKIです。
里見町リキュールの写真を我がブログで使わせてもらいたいのですが、よろしいでしょうか?

投稿者 nikidasu : 2007年05月05日 02:00

NIKIさん、ご無沙汰しています。
使わせていただきたいのですがって言いながら、
もう使ってるじゃありませんか(笑)。
あのくらいのサイズなら問題ないですが
また何かありましたら事前連絡ください。
転載のまずいショットも多いですので...。

投稿者 TAKAHASHI : 2007年05月05日 17:34