TOP > 52 Topics, 79 EPSON R-D1s > MT3.3のDBをSQLiteに移行

« GINZA新名所 | メイン | 上を向いて歩こう »

12
January
2007

MT3.3のDBをSQLiteに移行

70111sqlite.jpg

当ブログは、Movable Type 3.15から始め、スパム対策などから、
3.2、3.3とバージョンアップしてきた。
データベースは、当初からBerkeley DBだったのだが、
ここのところ新規エントリーや再構築にやたら時間が掛かるので、
SQLiteへの移行に踏み切った。(って大げさだが...)

Photo by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

MT3.3にバージョンアップの際、SQLiteにと思い、付属のmt-db2sql.cgiを試みるも、なんかうまく行かず、まあいいかと放置していたが、TAKAHASHI-DESIGN/BLOGのエントリー数も220件を越え、最近特に、コメント付けるだけでも再構築に時間が掛かるようになり、再度、SQLite移行に挑戦。
一式、ローカルにItalblog共々バックアップを取り、エントリーの書き出しも行い準備を整える。今回は、Ogawa::Memorandaさんのmt-db-convert.cgi: MTデータベースの相互変換CGIスクリプトを使う。これがデータベースの相互移行が出来るという優れもので、また、わかりやすい。やり方としては、こちらのページなどを参考にした。Movable Type3.2の500エラー対策!DBをsqliteにする方法:商用BLOG専門店mt-db-convert.cgiの3.3用プログラムをアップし走らせ、Berkeley DBからSQLiteに設定する。その後、mt-config.cgiを設定した内容に変更しアップして完了。
これが、うまく行ったのか不安になるぐらいスムーズで、SQLiteへの移行後は、劇的に再構築が早くなった。こんなくらいならとっととやるべきだった。ちょっと、不思議なこととしては、以前のDBは12.5MBほどあったものが、SQLiteのDBは1.5MBしかない。一般的に軽くなるようだが、あまりにも軽い。ま、ともかく今のところ不具合もなく快調のようである。
ここに至るまで、いつものHaruさんにちょこちょこアドバイス頂いていたことに感謝いたします。ともかく、スピードとしては本当に一瞬で更新など行える。新規にMT導入予定の人などは当然最初っからSQLiteを利用すれば、快適なんだと思う。もちろん設置サーバがそのデータベースを使えることが最低条件ではあるが...。

投稿者 TAKAHASHI : 2007年01月12日 09:02

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://takahashi-design.com/cgi-bin/i-blog/mt-tb.cgi/283