TOP > 11 Daily Shot, 32 Episode, 79 EPSON R-D1s > モノクロームの目 3.5/3.5

« こころの潤滑油 | メイン | 蔵 »

23
February
2007

モノクロームの目 3.5/3.5

70222ajisai.jpg

正確な年代はわからないが1950年以前のものなんでしょう。
当時はやはり写真というとモノクロームの世界。
それを現代にカラーで、しかもデジタルで使ってしまう。
R-D1に踏み込むってことは、こういう事のようで...。

by R-D1s / Leitz Summaron-L 3.5cm F3.5

70222sanpo.jpg

by R-D1s / Leitz Summaron-L 3.5cm F3.5

よく写る玉を手に入れると、次にこういった懐古玉が欲しくなるもので...。もちろんそんな時代を生きていたわけでもないけど。
狙っていたのは35mm。しかもコンパクトなタイプ。正直Summicronが欲しかったが、この時代のものはそれはもうあり得ない値がついている。このSummaronは割と手に入りやすく、品数も多い。それにR-D1の先人方も多く愛用されていて、レビューなんか見ていてもなんとも良さそう。
このSummaronはLマウントの初期モデル。後期モデルとなるとデザインも代わりやや大柄になる。地方在住ということもあるので、入手はインターネットに頼ることに。ヤフオクのウォッチリストはSummaronの山。出品物の説明書きはもちろん、出品者の人柄まで品定めするのがこの道の世界・・・(笑)。そうこうしながら、良さそうだなと狙っていたものを手に入れることが出来た。届いたものは、説明にあった通りの程度のよいものだった。ヘリコイドもスムーズで、レンズそのものもかなりきれいなものだった。
早速試写。
写ります写ります(当たり前だが・・・)。なんとも柔らかい描写。彩度なんか高いわけもなく、すーと抜けるようにやさしい。また開放でも、割とキリッとシャープな印象。
しかしこの時代、カラーで写真を撮られるなんて考えもしてなかっただろう...。ある程度モノクローム主体でと思って手に入れたレンズだが、これがカラーもなかなかいい感じ。ともかく、現代の高性能レンズでガッチリ撮りたい日と、今日はSummaronで散策っていう、ゆるい日があって、またフォトライフも楽しい気が。

70222summaron.jpg

まった、この姿がかっこいいんすわ...。
欲を言えば、R-D1sがもっとコンパクトだとなおいいんですがね。

「ズマロンの勇姿」by Canon EOS 5D / Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 125mm F2.5

投稿者 TAKAHASHI : 2007年02月23日 08:41

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://takahashi-design.com/cgi-bin/i-blog/mt-tb.cgi/312

コメント

また、沼へ行ってしまいましたか。
R-D1sのブラックボディに、
Summaroのシルバークロームが似合いますね。
あとは、シルバーのGボタンで今年は打ち止めです。(笑)

投稿者 bow : 2007年02月23日 10:52

ちょっとキャップ代わりに手に入れてみましたが
やはりこの時代のクロームレンズは、重量もあっていい感じですね。
あとGボタンだと、早い年内打ち止めになってしまいますね。
まだまだ行きたいところですよ。

投稿者 TAKAHASHI : 2007年02月23日 11:15

いきますね〜
うちの今年の打ち止めは
C Biogon T* 4.5/21 ZMかなあ。
出ればの話だけど。

投稿者 mizuno : 2007年02月23日 13:51

あ、それ自分も狙ってます。
出る頃にお金があるかですが・・・(笑)。

投稿者 takahashi : 2007年02月23日 22:19

フォトキナで発表になってから、ZMマウントは音沙汰なしですね。18mmはフォクトレンダーでも無い焦点距離なので早く出て欲しいものです。
http://dc.watch.impress.co.jp/cda/other/2006/09/29/4739.html

そういえば、フォクトレンダーの21mmと25mmがリニューアルされるようですね。

投稿者 tetsu : 2007年02月23日 23:15

リニューアルでMマウント化のようですが、
個人的には全部一気にMにして欲しい...。

投稿者 TAKAHASHI : 2007年02月24日 09:08