TOP > 11 Daily Shot, 52 Topics, 63 LEICA M8 > Cの付くBiogon

« 休憩 | メイン | 秋っぽく »

09
November
2007

Cの付くBiogon

71029ataka.jpg

コシナサイトによると、
天才レンズ設計者、ルードヴィッヒ・ベルテレにより生み出された広角レンズ、ビオゴン。
そのオリジナルのレンズ構成を継承しながら、TTL測光にも対応する新設計により21世紀に蘇った伝説のレンズ。
とのこと。
なんとも凄そうだが、ともかく、良くできてるコシナ製Zeissに、
往年の味わいを付加した、いい〜感じのレンズに思う...。

by LEICA M8 / Carl Zeiss C Biogon T* 21mm F4.5 ZM

71031gunjyo.jpg

by LEICA M8 / Carl Zeiss C Biogon T* 21mm F4.5 ZM

ま、難しい話はさておきいいですよね〜、このレンズ。
コンパクトだし、周辺落ちようがzeissならではで、徹底的にディストーション補正してるし、
T*コーティングのお陰で、空は濃厚、ど逆光にもガッチリ応えるし...。

C Sonnarに続き、二本目のコシナ製ZeissのCシリーズ。
クラシックでコンパクト。いいんじゃないですかね。

71108cbiogon.jpg

今回は、購入までこんどうさんの借り物にて十分試させていただきました。
ありがとうございました。
お返しする前に、滅多に出来ないことなのでこんな絵も撮ってみました(笑)。

次の掲載には、自分の玉で(笑)。
引き続き、ファインダー物色中です。シルバーの目玉オヤジはやはりでかいのか...。

投稿者 TAKAHASHI : 2007年11月09日 10:58

トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:
http://takahashi-design.com/cgi-bin/i-blog/mt-tb.cgi/587

コメント

ファインダーはやはり、見えは劣っても往年のライツさんちの28mmファインダーですよ。間違っても目玉オヤジは買ってはいけません(笑)

投稿者 shingai : 2007年11月10日 03:19

げげ、shingaiさん、またそんな高額商品を勧める(笑)。
往年ものは地方在住につき探しにくく、
新品で手に入るコシナ製で落ち着こうと思って居るんですが・・・(汗)。
一粒で三度おいしい目玉オヤジは、ちょっとコンパクト指向に合わなそうなので
断念しました(笑)。

投稿者 takahashi-design [TypeKey Profile Page] : 2007年11月10日 07:08