TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > Thanks
30
September
2007

Thanks

70930thanks.jpg

世界初デジタルレンジファインダー。
その歴史は塗り替えられるのもではない。

by R-D1s / Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 11:25 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 32 Episode, 52 Topics, 79 EPSON R-D1s > Last Samurai
30
September
2007

Last Samurai

70930lamb.jpg

Leica M8はイタ車だという...。
イタ車の扱いなら、すこしはわきまえているかも...。

by R-D1s / Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZM

ま、こんな現象があったりするけど、気にしないでください。へ〜、わかりました。大体、そんなものである。
美しいことや、一つのことについては恐ろしいほど魅力にあふれているが、それ以外のことは、信頼度ゼロだったり・・・。すべてのレベルにおいて安定し、水準をクリアしている国産車に比べ、イタ車なんてほっとんど信用できない。しかし、個人的にイタ車に乗って十数年。まっ、イタリアン・チープばかりだが。美しいことと、走って楽しいというその魅力だけでそれを選び、他を選択したことがない。

M8の画質は恐ろしいものがあるという。1Dsもぶっ飛ぶぐらいらしい...。それを引き出せるかは使う者によるのだろう。疑う部分のないLeica Mというレンジファインダーカメラに、なんとも危うい映像エンジンを載せたM8は、相当なイタ車的じゃじゃ馬の予感??

なんだかんだ言ってるが、個人的な決め手はなんといってもDESIGNである。
パナソニック版とライカ版って中身の同じコンパクトデジタルがある。値段は、二倍三倍と違うが、何が違うんですかと耳にする。いや、デザインが違うんです。いいデザインは高いんです。

自分はデザインを生業にしている。そして自分のデザインにお金を払ってくれ人がいる。当然自分も、デザインがいいと思えばそれに対価をは払う。そしていいデザインは高い。当たり前の感覚である。Leica M8は、正直おそろしく高い。しかし、購入者はいろんな部分に価値を見出して手にしていると思う。カメラの性能だったり、画質だったり、カメラの歴史だったり、ブランドであったり...。自分の場合は、そのデザインの魅力のウェイトが大きい。


しかし、美しいけど乗りこなしが難しいとなると、やはりイタ車か(笑)。それはそれで楽しみなもんで...。

そろそろいいですよね。RF初心者マークもとれてきたんで...。

ps.エントリーの写真は、全く自分に関係ない駐車中の車ですが・・・

投稿者 TAKAHASHI : 09:35 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 52 Topics, 79 EPSON R-D1s > Digital RFの魅力
29
September
2007

Digital RFの魅力

70928boat.jpg

レンジファインダーと一眼レフ。
同じ写真を撮る行為ではあるが、その感覚は全く違うように思える。

by R-D1s / Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical

ファインダーの中はいつも同じだけ見渡せて、レンズによってこれだけ写りますよ〜ってアバウトな枠に、自分の思いを込めてシャッターを切る。写る部分がきっちりフレーミングされる一眼レフのファインダーの中とは全く違う世界。まさにシーンを切り取るといった感覚がレンジファインダーにはある。

そして、そのファインダーにはボケも見えないが、絞り値のイメージの中で、その絵が浮かんでくる。それを想像しながら撮る感覚が、これまた楽しい。このレンジファインダーで写真を撮り続けていると、ある意味解りやすい一眼レフで撮る行為がなんか味気なく感じるようになった。今では、仕事以外でほとんど一眼レフを持ち出すことが無くなった。

そのレンジファインダーの魅力を自分に教えてくれたのがR-D1s。
このデジタルレンジファインダーのパイオニアは、スペックに見えない性能が満載である。R-D1からR-D1sと改良を加えながらかなり成熟されている。デジタルにおいて初出しのLEICAが簡単に乗り越えれるものではないと思う。
事実、高性能に身を繰るんだM8は、問題点も山積。ちゃんとして出直してくるんなら、ま、買ってやらんでも無いけど〜な〜んて、あんた何様ですか〜(笑)。ま、オキャクサマ。
かなり、アンチM8度合いは増していたが、10月から値上げしますわ〜って、LEICA商法に「えっ、え〜〜〜っ?」って。っでその網にすっかり引っかかってしまうことに・・・。よわっ。

ともかく、Digital RFは自分にとってすごい魅力的な存在である。ここまではまるとは思っていなかった。これはデジタルであるという力も大きい。高性能デジタル一眼レフは、欲しいと思わないが、高性能なデジタルレンジファインダーは使いたいと思った。

自分のやりたいこと、出来ることに必要のないレベルのものかも知れない。
しかし、使いたいという気持ちは別の話で、使いこなしたいという欲望は、これまた強い...。

投稿者 TAKAHASHI : 13:37 | コメント (4) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 52 Topics, 79 EPSON R-D1s > ブログな出会い
28
September
2007

ブログな出会い

70929bench.jpg

初めての接触は、2年ほど前、LEICA D-LUX2で、
16:9という特異なフォーマットのLEICA版という事で妙に盛り上がり、
THROUGH THE FINDERにコメントを入れたのがきっかけだった。

by R-D1s / Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZM

物欲サイトとしても名高い(笑)-Photographer's eye-のitamuraさんとは興味の先も近く、RSSリーダーに入れて日々閲覧し、コメントしたりコメントされたりと影響を受けていたことも多い。また、リンクされてる先や交友先はこれまた興味深く、刺激的な写真を撮られる方も多く、BLOGとは本当に写真を発表する場としてもすごいメディアだとあらためて感じた。また、その中にはYayoiさんなんていう以前よくサイトを拝見していた懐かしい方もおられて、意外と世間も狭いなとも(笑)。

一年程前、M8が発表された。
当然のようにその話題でitamuraさんとも盛り上がった。自分はというとLEICAがMでデジタルを出すという噂に、そのタイミングでR-D1を購入するつもりだった。しかしそのM8の姿、スペックがあまりにも魅力的で、まじめにどっちにするか悩んだものだった。
しかし、自分にとってレンジファインダーは未経験。当然Mマウントのレンズも持ち合わしていない。そんな一足飛びにM8に行くなんてありえんな〜ってR-D1sを選択した。そしてレンズも揃えてそのうちM8へというつもりでいた。
しかし、そのM8は蓋を開けてみるといろいろと問題点も出てきた。その対処法はというと、ちょっと考えられない手法で、ますます敷居の高いものと感じるようになってきた。同時にR-D1sの画質のナチュラルさは、なんとも心地よく、レンジファインダーの楽しさを知るとともにR-D1sのすばらしさを感じるようになってきた。やっぱR-D1sいいわ〜、っていいながら石川R-D1s同盟のmizunoさんとも楽しくやっていた。

しかし、そのmizunoさんは不慮の事故(?)により一人ikon同盟に行ってしまった。なんとも寂しい限りだった。
そのうち、1.5倍やワイドでの周辺光量落ちもなんか悔しく思うようになり、M8の目に見えないスペックにもあらためて魅力を感じるようになってきた。そんな矢先、ユーロ高なんていう訳の分からない理由で10月からの大幅な価格アップを発表した。
不具合をまともに対処出来てる分けでもないのに、ま〜、ありえんなLEICAって思った。この価格アップだとそれこそ買う気がしない。正直、ますますアンチ度は深まっていった。
しかし、そのうちM8と思っていただけに、黙って見過ごすのもなんなので、実際どうなんだとnocaさんに撮らしてもらった。
それが先日のエントリー。
実際撮ってみるその不具合を我慢してでもという魅力をお持ち合わせている。レンジファインダーカメラとして精度の高さは当然の部分だが、モノとしての魅力はやはりすごい物があると感じた。よく言われている画質の良さはさることながら、やはり個人的な感覚からすると、このデザインのクオリティが一番魅力的だったりする。

これまた、何の縁かitamuraさんから仕事で金沢にいくというメールを頂いた。以前から一度お会いできればと話していたが、すごいタイミングで会うこととなった。これも何かの縁。ほぼM8への気持ちは固まっていたものの答えを出すのはこの後かなと・・・。
このカラーバリエーションで所有は行き過ぎだが、そのこだわりや魅力を多く聞かせていただいた。同時にM8での問題点や難しい部分など、深いところまで聞くことが出来た。このあたりは知らないで飛び込むとほんと痛い目に遭いそうだなと思った。ま、知ってても痛そうだが・・・。

自分が興味があってグーグルなんかで検索すると、大体似たようなサイトがヒットする。itamuraさんのところもそうだし、先日お会いした光画風景のkondoさんもそうだ。たまに自分のブログがヒットしてがっかりくることもあるが(汗)。共通する話題に近い業界と言うこともあり、本当に初めて会ったとは思えないくらい話しは盛り上がる。見ず知らずの人のブログを見ていろいろ影響受けたりもし、本当に昔では考えられない時代だと感じる。

以前は、それなりにものを発表できる場というものも限られていて、それは本当に一部の人にしか与えられるものではなかった。しかしこうして誰もが発信できるというメディアが生まれ、本当にいろんなすばらしい感覚を持っている人が沢山いるもんだとあらためて知らされる。
そのブログというメディアを通して知り合って、直接お会いして、いろいろ影響を受けて・・・。
やはりなんか不思議なものだなと、しみじみ思う・・・。

投稿者 TAKAHASHI : 21:25 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > さ、カッコいいんです
27
September
2007

さ、カッコいいんです

70926men.jpg

いんろいろ話をした。
欠陥部分もじっくり聞いた。いいところ、悪いところ、みんな聞いた。
やはりなんか一筋縄では、いかんのね〜って思った。
使いこなせるんかね〜。
でも行くんですね。

そ、なんせカッコいいんです。

Itamuraさんをお見送りしての午前3時前...。

by R-D1s / Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZM

しかし、R-D1sはよく写るわ〜、ってまたかい。

投稿者 TAKAHASHI : 11:45 | コメント (4) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > え〜お色はどれになさいます?
27
September
2007

え〜お色はどれになさいます?

70926color.jpg

じゃ、私は白で。Kさんはどうします?
黒かな...。
じゃ、それで。

な、おそろし〜Itamuraさんをお迎えしての夜。

by R-D1s / Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZM

70926rollei.jpg

ま、冗談はさておき、
今回不参加のお二人にも、Itamuraさんよりお土産がございます。
なんかのおりにお渡しいたします。
って手前ぼけ。

とりあえず、ほっとんど食わないんですね。
食ってる時間ももったいないくらいしゃべりまくりの三人。
明日も仕事だしっていいながらも午前2時半...。
っで、まだ話足りない...。

70926dis.jpg

(おまけ)ばらしていいのか、この姿...。

70926kawa.jpg

唯一の人物ショット...。ってあり得ないピント位置。

by R-D1s / Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 10:14 | コメント (4) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > ロケ地・栄
25
September
2007

ロケ地・栄

70925silver.jpg

なんで?
って、とりあえず再度ものを見に...。
ってうそ。

by R-D1s / Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 20:04 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 52 Topics, 79 EPSON R-D1s > Photo Surfing
23
September
2007

Photo Surfing

70909hasami.jpg

きっかけというものは突然訪れるもの...。
いくつもの波が重なり合い、大きな波となり、
その波に乗って漂いながら...。

by R-D1s / Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZM

石川R-D1s固執同盟。
会長だったか、理事長だったか、お互いどっちだったか忘れたけど、
その僚友mizuno氏の手元からR-D1sが無くなって以来、
なんか張り詰めていた糸がぷっつり切れたような気がする。
もうこの牙城。
一人では守りきれへ〜ん。
なんちゃって...。
とりあえずmizunoさんにいいわけ...。

投稿者 TAKAHASHI : 13:13 | コメント (6) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > flying
18
September
2007

flying

70915airplane.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 08:24 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 勧進帳
15
September
2007

勧進帳

70915ataka1.jpg

70915ataka3.jpg

物語の舞台となっている安宅の関。
背景に描かれてる絵の元はっていうと、こんな感じ...?

by R-D1s / Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 08:16 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > silhouette
14
September
2007

silhouette

70915sunset2.jpg

70915sunset3.jpg

いとしのシルエット。

by R-D1s / Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZM

タイトル付けるのに、辞書でシルエットのつづりを調べたら、フランス語だった...。
その意味は
「18世紀、フランスの大蔵大臣シルエットが、
節約のため肖像画は単色にせよと主張したからとも、切り絵の肖像画を好んだからともいう」。
へ〜、なんでも調べてみるもんだ...。

投稿者 TAKAHASHI : 15:46 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 本日のご予約
14
September
2007

本日のご予約

70914sunset.jpg

定員一名...
プラスアルファ...

by R-D1s / Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 08:35 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 54 Food and Drink, 79 EPSON R-D1s > KAORUさん
13
September
2007

KAORUさん

70913kaoru.jpg

70913chibichibi2.jpg

70913chibichibi1.jpg

いつもありがとう〜。
...チビチビとツーショット。いつものペーパームーンにて。

by R-D1s / Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZM

70913kaoru2.jpg

カウンターに座ると、つまらない話しに笑ってくれて...。
泡盛がいいって言えば入れてくれて...。
ほんと、ありがとうね〜。

by R-D1s / Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 08:34 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 54 Food and Drink, 79 EPSON R-D1s > 広坂でハイボール
12
September
2007

広坂でハイボール

70912hiball.jpg

久しぶりに広坂ハイボールに行った。
初めて知った。そのまま「ハイボール」ってメニューがある。
所謂、「広坂ハイボール」。
っで、はじめて飲んだ。

by R-D1s / Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZM

70912hiball2.jpg

続いてもう一杯。
ジンジャー漬けのお酒。
これがまた旨い。
「これって、なんていうの?」
「へ〜」
「覚えとこう〜」
これはお代わりした。
うまかった。
忘れないように名前を連呼してた記憶がある。
帰って朝起きて、名前は忘れてる...。
ごめん、元気くん...。

っで、このエントリーのために、ググってみた...。
解った。
モスコミュール。

by R-D1s / Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 15:10 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > FISHING
07
September
2007

FISHING

70906tsuri.jpg

水門前では、夕日を浴び釣りにいそしむ。
これまた男前...。

by R-D1s / Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 05:55 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 素材の広場
07
September
2007

素材の広場

70909bic.jpg

っでいつもの場所。

by R-D1s / Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZM

70909isu.jpg

70909flag.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 04:49 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > そら
06
September
2007

そら

70906hashira.jpg

しばらく続くの?黄昏シリーズ。

by R-D1s / Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZM

続きます。
なにせ、いい色出してたんで...。

投稿者 TAKAHASHI : 07:36 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 黄金
05
September
2007

黄金

70905ine.jpg

あっつい、秋の気配...。

by R-D1s / Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZM

ヤシカ産、コシナ産、ゲルマン産...。
カールさんも、いろいろあれど、やはりカールさん。
つくづく思う。
T*。これが好きなんだな...。

投稿者 TAKAHASHI : 09:23 | コメント (3) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > N.Y.
04
September
2007

N.Y.

70904ny.jpg

唯一のPOINT...

by R-D1s / Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 13:51 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > しっとり
04
September
2007

しっとり

70904rekihaku1.jpg

70904rekihaku4.jpg

70904rekihaku2.jpg

え?カメラ変えました?

by R-D1s / Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZM

いや、変えてません。
特に出そうもないので...。

投稿者 TAKAHASHI : 08:15 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 残暑
03
September
2007

残暑

70903rekihaku1.jpg

70903rekihaku2.jpg

雨降りで涼んだかと思えば、また残暑。
この変わりように、写真も追いつかないんでとりあえず、
引き続き雨上がりの歴史博物館。

by R-D1s / Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 08:03 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 秋のはじまり
01
September
2007

秋のはじまり

70901rekihaku.jpg

大変な雨降りで、大変な猛暑だったことが忘れ去られる。
もう、秋ですね。

by R-D1s / Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 16:44 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > ゆるく行く...
31
August
2007

ゆるく行く...

70831branco.jpg

明日は晴れるか...

by R-D1s / Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 12:42 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > RAIN
28
August
2007

RAIN

70828rain.jpg

雨降るっていっても、
こんなに一生懸命降らなくてもいいんじゃ無いですか...。

by R-D1s / Carl Zeiss Biogon T* 35mm F2 ZM

無茶苦茶よく写るレンズって嫌いですか?
画像開いてふと、顔がほころぶひととき...。

投稿者 TAKAHASHI : 17:04 | コメント (6) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > あかり
23
August
2007

あかり

70823light.jpg

各社、スーパースペックの新製品ラッシュですね...。
うちの欲しいやつもでんかな〜。
M9とかフルサイズのIkon-Dとか...。

by R-D1s / Leitz Summicron-L 5cm F2

投稿者 TAKAHASHI : 08:31 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 夕暮れの探偵
22
August
2007

夕暮れの探偵

70822tantei.jpg

70822tantei2.jpg

もとい、短艇。

by R-D1s / Leitz Summicron-L 5cm F2

投稿者 TAKAHASHI : 11:09 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 月
20
August
2007

70819moon.jpg

Daily shot。
って言いながら三日ほど前の...。

by R-D1s / Leitz Summicron-L 5cm F2

投稿者 TAKAHASHI : 10:56 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 夕涼み
17
August
2007

夕涼み

70817yuyake.jpg

日中気温35度でも、日が沈む頃には涼しい風に...。
全国各地で40度越えを記録したそうで。

by R-D1s / Leitz Summicron-L 5cm F2

投稿者 TAKAHASHI : 14:14 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 昆虫までも...
15
August
2007

昆虫までも...

70815batta.jpg

一筋縄ではいかないから楽しさがある...。

by R-D1s / Leitz Summicron-L 5cm F2

面白さ無限大。
やっぱセキュリティは大事ですね...。
って大意はないです。

余談、R-D1sには、C1 PROがいい。
ほぼお触り無しで行ける。
なんでも触り出すと見失うんよね〜。

投稿者 TAKAHASHI : 08:55 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 地上へか...
11
August
2007

地上へか...

70811chika2.jpg

13時。気温35℃...。
地下道は僅かに涼しいか...。

by R-D1s / Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4

っなこともなく...。

投稿者 TAKAHASHI : 09:51 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 夜用
10
August
2007

夜用

70810nok.jpg

VoigtlanderでF1.5より明るい玉をノクトンという。
以前、某アンティークライカショップにて50万円ものプロミネント・ノクトンを見たことがある。
コシナ製ではNokton 35mm F1.2なんて有名巨大口径があって、
M8の1.3倍なんかにノクチルックス代わりに丁度いいんでしょうか...。

サイズと微妙な焦点距離で、この40mmがR-D1sには、なかなか填る。
コシナによると、あえて非球面レンズを用いずに収差を残し、クラシカルなレンズ描写の味わいを...
なんて唱っているが、使ってみるとそれなりにクセ玉ですね。

by R-D1s / Voigtlander NOKTON classic 40mm F1.4

40mm玉が、R-D1の35mm枠にドンピシャっていうのは有名な話だが、
ちゃんとフレーミングできるってすばらしい(笑)。

投稿者 TAKAHASHI : 11:39 | コメント (6) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 52 Topics, 79 EPSON R-D1s > 古玉考
09
August
2007

古玉考

70730tabaco.jpg

オールドレンズというものは、相当奥が深いんでしょう。
浅瀬でチャプチャプでもかなりの悩ませぶり。
ほぼルックスで手を出した沈胴Summicron。
しかし、これ一本でも、いろいろ考えるな...。

by R-D1s / Leitz Summicron-L 5cm F2

オールドレンズを最初に手にしたのがSummaron 3.5cm。これが、なんともできのいいレンズで、モノクロ時代の玉とは思えない素直な色表現。モノクロで使うともう少しコントラストは欲しいなと思いつつ、またゆるい階調でなかなかいい。
で、このSummicron。時代とすると1950年代後半とのことで、ややSummaronより新しい。撮ってみて先ず感じたのが何とも解像度が高いということ。もちろん、時代が時代だけに、そんなところは期待していないという先入観があってのことだが、解放でもピントが来たところはシャープで、また、ボケ加減が美しい。柔らかいボケの階調はやや滲みがあるが、ぐらっと出たボケ玉なんかに、やられた〜って感じになる。
しかし色表現だが、これが何ともヤバイ。このヤバイってのは若者の言ういけてる意味のヤバイではなく、普通におっさんの思うヤバイといった意味。準光ではさほど問題ないが、やや逆にくるとケロッと色がヤバくなる時がある。コーティングの問題か、いろいろ条件変えてテストするがよく分からず、ま、手っ取り早いってことでR-D1s同盟のmizuno氏の同じSummicronと撮り比べさせてもらう。
ま、結果五十歩百歩といったところ。極端に違いは無い。二人で、ま、こんなもんでしょ〜って適当な結論。っで撮った画像をくちゃくちゃLightroomなんかで触ってみる。ヤバイ色も思い切って彩度上げてみたり、コントラストいじってみたりで、やればやったで色表現は、それこそどうにでもなってみたり。こんなもん、デジタルにおいて触ってなんぼでしょ〜てな感じで、だんだん乱暴な話になってみたり・・・(爆)。
っでふとこの古玉考。実際レンズの味ってなんでしょう。さわり倒した絵ってそのオールドレンズの味は出てるんだろうか。出てると言えば出てるし、殺していると言えば殺している。
そんな事するんなら、はなっから現代のよ〜く写るレンズ使えばいいじゃないん?ってなってしまう。や、そういうもんじゃないでしょ〜。って結局また悩む。実際、まだ使い出したばっかり。何十年も経って未だに使われてるレンズを一、二日使って評価するなんて10年早い。
しかし間違いなく言えるのは、モノクロに関して非常にいい。ここのところの写真はほとんどPhotolier現像。多少絞りを詰めるぐらいでほぼノーマル。mizuno氏とは、「やっぱ、このレンズはモノクロで使いましょ」って結論に。以来、Summicron装着時のR-D1s設定はモノクロ。これがRAWで撮ると、プレビューはモノクロでもカラーで記録されてたりしてまたガッカリ場面もあり、思いきってJPEGに。こりゃスッキリ(笑)。
その日mizuno氏は、「いいレンズなんで手放さないでくださいね」と言い残して帰って行った。この言葉、なぜか自分の中で心に残っていた。

数日後、mizuno氏の車が車上荒らしに遭い、乗っていたR-D1sとSummicron-L 5cmが盗まれたと聞いた。
本人にとって愛機に愛玉を一晩で失うことになった。電話で話をしたが、かなりガックリ来てる様子だった。自分もなんかすごいショックを受けた。二人で適当に結成していた石川R-D1s固執同盟。ちょと大げさだが、大事な戦友を失った気がした。

1.5倍とレンズの真ん中しか使えず、カメラとしてもゆるゆるのレンジファインダー。しかしデジタルRFとしてパイオニアのこだわりをしっかり持っているR-D1s。そんな偏屈カメラに、古今東西のチープレンズを着けては撮り合いし、「お〜、こう来たか〜っ!」なんて毎日mizuno氏のブログを楽しみにしていた。なんか失ってみて気がついた。同じ愛機を持つ仲間がいて、日々更新するブログっていう現代のメディアがあって、お互いの楽しみを知らず知らずのうちに共有していたんだろう・・・。

また、R-D1sを手にして戻ってきて欲しいもんだがそんな簡単な話でもない。
いつかまた、違う愛機で同盟が出来れば・・・。

70809summi.jpg

投稿者 TAKAHASHI : 10:05 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 孫
04
August
2007

70730turi.jpg

夏休み入っての、孫と釣りする姿がいいっすね〜。
思わず、じいさんも堂々の構え。

by R-D1s / Leitz Summicron-L 5cm F2

投稿者 TAKAHASHI : 10:02 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 52 Topics, 54 Food and Drink, 79 EPSON R-D1s > 木枠からゼラチン
03
August
2007

木枠からゼラチン

70802koten.jpg

金沢で、信頼の置けるカメラマンの一人NOCAさんの、
DEARDORFF8×10による、個展が昨日から開催された。
作品は銀塩密着ゼラチンシルバープリント。
大判の美しいボケに、繊細なプリントで表現された作品はNOCAさんならでは。
今時金沢で、こういった美しい銀塩作品を目にすることは中々出来ない。
タテマチパーキングの横ギャラリートネリコにて開催中。7日火曜まで。
是非、足を運んでください。

by R-D1s / Leitz Summicron-L 5cm F2

70802koten1.jpg

写真は、昨日のオープニングの模様...。
すばらしい作品群の前でも相変わらずですな。

70802koten2.jpg

70802alos.jpg

っで最後は、スペイン料理・アロスっていつものパターン。

by R-D1s / Leitz Summicron-L 5cm F2

投稿者 TAKAHASHI : 14:05 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 夏のアート
02
August
2007

夏のアート

20070802natsu3.jpg

20070802natsu2.jpg

北陸もようやく梅雨明け。
今日の雲がなんともアーティスティック。

by R-D1s / Leitz Summicron-L 5cm F2

夏の空もSummicron-Lだと、やっぱモノクロームか...。

投稿者 TAKAHASHI : 14:10 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 夏・穴水
01
August
2007

夏・穴水

20070731anamizu1.jpg

20070731anamizu2.jpg

20070731anamizu4.jpg

20070731anamizu6.jpg

しばらく散策。
痛々しい震災の爪痕は残るものの、
やっぱり、夏の日差しが似合う能登...。
声を掛けていく子供たちが微笑ましかった。

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

投稿者 TAKAHASHI : 10:09 | トラックバック

TOP > 52 Topics, 54 Food and Drink, 79 EPSON R-D1s > 能登復興
01
August
2007

能登復興

20070731kosushi.jpg

能登震災で被害の大きかった門前と穴水。
その復興に向け頑張っている人たちがたくさん居る。
その一人、穴水、幸寿しさん。
何ともすごいエネルギーをもらった...。

by R-D1s / Leitz Summicron-L 5cm F2

穴水では、穴水町・能登半島地震復興支援プロジェクトと題したWEB SITEを立ち上げた。
その中心となって頑張っている、幸寿し、橋本さん。震災直後は自分のお店も営業できなくなりながら、町の復興に向け駆け回っていたという。今はお店も新装開店し、地元商店街の牽引役になっている様子。お店の営業の傍らホームページでの通販からブログまで、50才からパソコンを勉強し始めて自分でこなしているというから、すごいもんだ。
昨日は、その「穴水町・能登半島地震復興支援プロジェクト」のサイトの制作に携わっているharuさんに、打合せに行かれるとのことで、連れて行ってもらい、いつもお世話になっているからと、お寿司をご馳走なった。いや〜ご馳走様でした。
しかし能登は、こういった元気な人たちが本当に沢山いる。あらためてその力はすごいと感じた。

投稿者 TAKAHASHI : 08:46 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 安宅の海岸物語...
31
July
2007

安宅の海岸物語...

70730umi.jpg

by R-D1s / Leitz Summicron-L 5cm F2

投稿者 TAKAHASHI : 10:10 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 男の心理
30
July
2007

男の心理

70730nioh.jpg

そりゃ、海に向かって仁王立ち。

by R-D1s / Leitz Summicron-L 5cm F2

投稿者 TAKAHASHI : 08:50 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > Screw Macro
28
July
2007

Screw Macro

70728macro.jpg

こりゃもう神の玉。

by R-D1s / Leitz Summicron-L 5cm F2

投稿者 TAKAHASHI : 08:46 | コメント (6) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 群青に白
27
July
2007

群青に白

70727entotsu.jpg

本日の北陸地方。まだ、梅雨明け前...。

by R-D1s / Leitz Summicron-L 5cm F2

R-D1sの現像は、未だにC1 PRO。
っていうかLightroom、使い切れてない...。
っていうか使い方、よ〜わからへ〜ん。

投稿者 TAKAHASHI : 21:49 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 大粒
27
July
2007

大粒

70727shinju.jpg

零れる...。

by R-D1s / Leitz Summicron-L 5cm F2

ライカ玉。
いつかは手にしたいっていうと35mm Summicronだが、
この5cm Screw Summicron。
開放でこのシャープな像。恐るべし...。
ま、当然それなりにいろいろやっかいだけど...。

投稿者 TAKAHASHI : 21:36 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 隣の都会
17
July
2007

隣の都会

70717pane.jpg

小松在住だと、何か買物って思えば、金沢。
ちょっと気分を変えて福井...。
ってことで、意外と福井には金沢にはないお店があって、また駅前のエリアに集中していたので、
中々面白く、若い頃は、よく行ったもの。

ま、田舎の都会なのでどこも似たり寄ったりだが、
最近は北陸三県の中ではショッピングといえば金沢駅前に集中。
福井の街も中心は郊外に移ってしまい、以前のような活気がない・・・。
今や、福井に用事があるとすると、Alfaのメンテか蕎麦を食いに行くくらいかな・・・。

by R-D1s / Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical

投稿者 TAKAHASHI : 23:04 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 12 Travel, 54 Food and Drink, 79 EPSON R-D1s > Day Trip - New Delhi
16
July
2007

Day Trip - New Delhi

newdelhi

ニューデリーに行ってきた...。

by R-D1s / Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical

行ったと言ってもニューデリーという名前のレストランだが...。

福井にあるこの店。シェフが5星レストランで修行したと雑誌に載ってたので行ってみたのだが、そんなことはどうでも良いくらい、かなりディープ。店内の装飾といい、妙にエキゾッチックな香りといい、まさに、ニューデリーの郊外にありそうな庶民のレストランがそのまま福井の街中に舞い降りてきた感じ。
厨房に居るシェフは当然インド人のようだが、フロアスタッフもインド人で彼の話す日本語がよく解らない・・・(汗)。来る客来る客に、メニューの説明をしているのだが、なんともよく聞き取れない。っで注文の際は、もう一人の女性スタッフにと思ったのだが、その女性もインド人。なにかと片言の日本語・・・。見る限り誰一人として日本人が居ない。大丈夫かこの店・・・。(汗)ま、食事を注文するくらいなら問題ない。コースメニューに、セレクトできるカレーを選ぶ。当たり前だが、そのやりとりは意外とスムーズだった。
そうこうしているうちに、コースメニューのタンドリーチキンとシシカバブが出てくる。ものすごい煙とともにテーブルの上に乗る。まさに焼きたて。早速食べてみる。さすが5星レストランのシェフ、結構いける。次にカレーにナン、ライスといったメインが出てくると、もうテーブルはいっぱい。かなりのボリューム。ここでお決まりの料理写真を撮ったりで食べていると、フロアスタッフの彼が寄ってきて、「辛いか?ナンはお代わり出来るぞ」のような事は話している。笑顔で応えると、また、笑顔で応えてくれた。そして、自分も写真を撮ってくれという雰囲気で立っているので、カメラを向けると、これまたいい笑顔で応えてくれた。
やはり、いい食事には笑顔がつきもの。なんかいい小旅行した気がした。

投稿者 TAKAHASHI : 09:37 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 言葉
15
July
2007

言葉

70714clair.jpg

以前、猫好きのharuさんから聞いた、猫ばかり撮り続けているカメラマンの話。
撮る前に、「撮らせてください・・・」って言葉をかけるそうです。
なるほど、ここにもちゃんと言葉は必要なんですね。
うちの犬の場合、「待てっ!」で済むんですが。

by R-D1s / Leitz Summicron-L 5cm F2

「そんな目で見るなよ〜」って感じだが、
こんな顔なんです、ラブラドール。
この犬種、とっても友好的で世の中みんな友達だと思ってる。
小さい頃、キャンプ場で出会ったハスキーに、しっぽ振って近づいて行ったら、
突然、牙をむかれて目の下あたりを切られた・・・。
そのキズは今でも残っている。

投稿者 TAKAHASHI : 10:57 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > Communication
15
July
2007

Communication

70714gate.jpg

プロのクリエーターにとって必要不可欠な要素。

by R-D1s / Leitz Summaron-L 3.5cm F3.5

そして、優秀なクリエーターほどその能力も高いもので...。

投稿者 TAKAHASHI : 09:56 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 蜘蛛アート
01
July
2007

蜘蛛アート

70701mizu.jpg

早くも7月。氷室まんじゅうも頂きました。
今年も半年地味に仕事に追われてましたね。
たまにどっか出掛けたいな...。

by R-D1s / Leitz Summaron-L 3.5cm F3.5

投稿者 TAKAHASHI : 14:53 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 52 Topics, 79 EPSON R-D1s > タグクラウドをちょっと
30
June
2007

タグクラウドをちょっと

70630yellow.jpg

MTもバージョン4が出ようかというこの時期に、
こつこつバージョンアップしてきた当BLOGも、
ようやくタグクラウドを使うことに...。

とりあえず、タグクラウドの使用は、人それぞれ便利に使っているが
当ブログはもっぱらレンズ分けをタグですることに。

by R-D1s / Leitz Summaron-L 3.5cm F3.5

当ブログのカテゴリー分けは何となく理解いただいていると思うのですが、"CREATION TOOLS"ってカテゴリーで、カメラなどの使用機材を分類している。これは機材によって閲覧できれば便利かなという事から行っているが、実際、R-D1sなどは、やたら長いカテゴリーとなっており、それこそレンズごとで閲覧したという場合、結構大変だったりする。
っで今回、タグクラウドを利用し、レンズごとにタグを入れ"CATEGORY"欄下の"TAG CLOUD"のレンズ名をクリックすることにより、そのレンズの使用しているエントリーが一覧で検索できるようにした。もちろん、他機材で使用しているレンズなどもタグを入れている。将来的にはレンズ名のみならず、他キーワードもタグで入れていこうと思っている。
折角のMTを利用したブログサイト。日々積み重ねてきたエントリーは立派なデータベースともなっている。ほとんど参考にならない写真ばかりだが、いろんな機能を使いながら少しは参考になる情報サイトとなればと...。このタグクラウド設置に毎度のharuさんに知恵をいただいています。ありがとうございました。
また、この他スタイルシートに若干手を加えた。写真を見せることをメインに考えシンメトリーのレイアウトにしてきたが、文字量の多い記事などはやはり厳しいので読みやすくした。他コメント部分も変更。日々合間見ながら、自身サイトは後回しって言うのがどこも一緒か・・・。

投稿者 TAKAHASHI : 19:55 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > ならび駒
29
June
2007

ならび駒

70629mini.jpg

今更ながら、カテゴリとタグをうまく使い分ければ、
当ブログも結構見やすく、僅かながら実用性も...。

by R-D1s / Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical

旧エントリーのタグ追記で、古い記事も再構築されます。
ちょっとお許し下さい...。

投稿者 TAKAHASHI : 09:04 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 次のC
20
June
2007

次のC

70619yashi.jpg

ようやくコシナのサイトにも載ったC Biogon 21。
これにて今年の打ち止め...。

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 11:41 | コメント (6) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 陽の中で読書
19
June
2007

陽の中で読書

70619dokusho.jpg

日頃の撮影傾向から、こんな絵には先ず撮らない。
しかし、RAWで撮っていることにより、
Macで写真を見ながらこの絵にあった自分なりの表現方法を見つけ出すことが出来る。

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

70619isu.jpg

RAWなんて邪道ですねって思う人もいるでしょうか...。
そうすると邪道ですね。
しかし、何でも出来るからデジタル。こうしてアマチュアでも楽しめるからデジタル。
瞬間の技術よりも、数多く見る写真ブロガーの感覚の方が感じることも多い。

実際こういった絵を、撮影時に撮ろうとすると白飛びしてしまい、デジタルでは救えない。
ほぼ適正で撮っていることで階調もしっかりあり、Lightroomで処理しているのだが、
ハイキー部分は、白飛び軽減で階調をうまく残せる。
ネガ的に扱えるRAWデータならではのこと。

って下手な写真エントリーよりもグルメネタの方が盛り上がるって...。
ばっさり...。

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 21:53 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > Cart
15
June
2007

Cart

70615cart.jpg

知れば知るほどAdobe Lightroom恐るべし...。
BETAとは別物。

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

って現在の使いこなし度、40%ほど...。
とりあえず、C Sonnarはやっぱりいいな。

投稿者 TAKAHASHI : 09:06 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 20月20日に生まれて
14
June
2007

20月20日に生まれて

70614locker.jpg

ほっとんど、撮るものがなくなってきた某21世紀美術館。
仕方ないのでヨコ位置で...。
っで思えば思うほど、良く合うピント。

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 22:00 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > R-D1とR-D1s
14
June
2007

R-D1とR-D1s

70614jimu.jpg

ファームアップで同等になるというよく聞いた話だが、
個体として違う箇所は多々あるようで...。
そりゃそうですね。どんなものでも日々改良されているのは当然のことで。

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 11:48 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 石川ヘン人会
13
June
2007

石川ヘン人会

70611henjin.jpg

共通の話題という単純なことでえらい盛り上がるもので...。

by R-D1s / Sonnar or Biogon or Ultron or Russar or ...

70611nokamizu.jpg

70611camera.jpg

酒飲みにRFは向きませんな・・・。ピントもなにもあったものじゃない。
ついでに言うと何を話していたか、後半ほとんど覚えていない...。

by R-D1s / Sonnar or Biogon or Ultron or Russar or ...

70611adobekondo.jpg

昼の顔と夜の顔を持つ、Kondoさん。
楽しいきっかけをありがとうございました。また、金沢お越しの際は第二弾を...。
そのときは、もう一段深い沼話も(笑)。

by RICOH Caplio GX100

投稿者 TAKAHASHI : 16:44 | コメント (4) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 庭咲き
05
June
2007

庭咲き

70605niwasaki.jpg

庭に咲いていたので、庭咲き...。
当たり前のことだが、イメージ通りにピントが来るっていい...。

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

今日、R-D1固執同盟のMizuno氏と仕事で一緒だった。
何気なく、私のC Sonnar装着のR-D1s触りながら、
「あれっ?シャッター降りんよ・・・」って。
「え?」
ちゅっと見せてって触ってみると、巻き上げチャージされてなかった...。
「・・・・」

投稿者 TAKAHASHI : 21:25 | コメント (3) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 幻惑の愛玉
26
May
2007

幻惑の愛玉

70526csonnar.jpg

購入当初一度交換してもらったことのあるC Sonnarだが、
同様の前ピン傾向に、ショップにて症状確認後メーカー調整へ。
ほぼ1ヶ月半ぶりに帰ってきたC Sonnar。
いや〜、ピント来るじゃないですかい〜。

ってどこにピントが来てるかって?
ま、それは撮影者の心の中って事で...。

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 08:43 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 絵になる兼六園
09
April
2007

絵になる兼六園

70411kenrokuen1.jpg

っで、桜より、こんな絵の方がずっと楽しい。

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

70411kenrokuen2.jpg

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

投稿者 TAKAHASHI : 23:16 | コメント (4) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 兼六園桜×SWH殴り撮り
09
April
2007

兼六園桜×SWH殴り撮り

70410kenrokuen1.jpg

70410kenrokuen5.jpg

桜の時期に兼六園に行ったことがなかった。
ちょっと時間が出来たので先週土曜。ヨメさんと出掛けた。
しかし、まだまだ見頃には早かった。
な〜んかテンションも下がってSWHで適当にザックザックと切り撮った。
っで、これが戻って見たら、このやる気の無さがい〜感じで...。

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

70410kenrokuen3.jpg

70410kenrokuen6.jpg

70410kenrokuen7.jpg

絞りはF8ほど、パンフォーカスで、ファインダー覗いてはシャッターを切った。
ちょっとタテのショットばっかり載せてみる。

むっ、またつまらないモノを切ってしまった・・・石川五右衛門風。

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

投稿者 TAKAHASHI : 22:46 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 咲き始めの頃
09
April
2007

咲き始めの頃

70409tenshu.jpg

小松芦城公園は五分咲きでも、
すぐ近くの小松天守閣跡周辺は、まだまだ咲き始め。
とりあえず、咲こうが咲くまいが、彼らは目も呉れず甲子園を目指すのです...必ず。

by R-D1s / Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical

っで、よ〜写るはエプソンとコシナ。

投稿者 TAKAHASHI : 17:26 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 白い花
06
April
2007

白い花

70406sakura.jpg

70406sakura2.jpg

70406sakura3.jpg

石川県写真家協会が開催したAPAデジタルセミナーで、
講師の郡司秀明氏が言っていた。
桜って白い花なんですよ・・・。

ホントだ白い。
っでキレイだ桜。

この日、小松芦城公園の桜は、五分咲き。

by R-D1s / Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical

投稿者 TAKAHASHI : 23:44 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 超控えめ
03
April
2007

超控えめ

70403neko.jpg

この表情がすべて...。
そ〜っと回り込むが、この顔半分は譲らないとの姿勢。

by R-D1s / Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical

投稿者 TAKAHASHI : 08:40 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 4.1 春
01
April
2007

4.1 春

70401sakura.jpg

とにかく3月は、あわただしい。
しばらく芦城公園も来てなかったが、今日はもう4月。
桜も咲き出してたんですね...。

by R-D1s / Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical

投稿者 TAKAHASHI : 16:54 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 休憩
31
March
2007

休憩

70331yasumu.jpg

...というか朝食タイムのようでした。

ところで、自分のUltron 28mm。
しばらく使って見たがややヘリコイドが重い印象で、念のためショップに送った。
特に不具合は無いとのことだったが、
別の新しいものを頂けることになった。
っで、これは適度な重さで結構スムーズ。

by R-D1s / Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical

投稿者 TAKAHASHI : 10:31 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 石柱
28
March
2007

石柱

70329hashira.jpg

R-D1での35mm。やっぱり結構好きな焦点距離。
これでもっと明るくて、寄れればって...。
っていうことこんな軽快玉にはならないので。

全然この写真には関係ないのだが、中々、いい線を付いてくるな...。
GX-100かなり欲しいかも。

by R-D1s / Leitz Summaron-L 3.5cm F3.5

投稿者 TAKAHASHI : 22:12 | コメント (9) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 短艇部
28
March
2007

短艇部

70328boat.jpg

梯川を拠点に、小松市内の中高ボート部が、練習に励む。

by R-D1s / Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical

投稿者 TAKAHASHI : 09:03 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 葉
26
March
2007

70326ha.jpg

あの〜、開放でもすんごいシャープなんですけど...。
このクソちっちゃいレンズでも、やるときはやります。

by R-D1s / Leitz Summaron-L 3.5cm F3.5

投稿者 TAKAHASHI : 08:49 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 回る枝もの
25
March
2007

回る枝もの

70324eda2.jpg

こんな絵を撮ってくれると、わっくわくする...。
手放せませんな、Summaron。
っでもう数センチ寄れるとなお楽しいんですよね。

by R-D1s / Leitz Summaron-L 3.5cm F3.5

70324eda1.jpg

by R-D1s / Leitz Summaron-L 3.5cm F3.5

このエントリー中に地震が...。
小松でも結構な揺れでした。

投稿者 TAKAHASHI : 09:48 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 32 Episode, 79 EPSON R-D1s > クリエイティブを必要とする人のために
23
March
2007

クリエイティブを必要とする人のために

70318koya.jpg

生業にしているデザインをするという行為は
恐ろしく神経をつかい、かつ労力を要する。
しかしその行為には、
自分しか与えることの出来ない形もあり、またそれが喜びにつながる。

より質の高いクリエイティブを創り上げるために、
一緒に協力してくれるクリエーターが自分には沢山いる。
カメラマンがいて、ライターがいて...。
本当にありがたい。
その人達の力があるから、また自らを高め今以上の形を求め、努力する...。

しかし、すべてのクライアントが、価値を理解しそれを求めているわけではない。一つの仕事に本気で対すれば対するほど、自分が提供できる仕事は限られてくる。
本当に自分の仕事を評価し、必要としてくれる人のためにその時間を費やしたいと思いだしている...。
なんか、いささか重くなった。ま、日々いろいろ考えるのです、デザイナーは...。
写真は趣味である。創造するツールでもある。カメラを肩から提げ、どこかの地でファインダーを覗きシャッターを切る。趣味で出来る最高のクリエーティブワーク。当然、これがアートディレクションという行為にも繋がってくるわけだが、これが本業でなくてよかったとも思う...。

by R-D1s / Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical

投稿者 TAKAHASHI : 23:29 | コメント (4) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 実
22
March
2007

70320sora.jpg

新品大口径レンズってこんなものか...。
かなりヘリコイドが重い。
最短70cm開放で遊んでる分には、ほとんど体でピントを合わせている。
っでちょっと遠景撮りたいときに・・・重っ!
新品ついでに現在調整のため入院中。

by R-D1s / Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical

投稿者 TAKAHASHI : 21:28 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > ガルルルッ〜!
20
March
2007

ガルルルッ〜!

70320dog.jpg

絶対人を寄せ付けないという強烈な意志か...。

by R-D1s / Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical

投稿者 TAKAHASHI : 08:55 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 標識多し
19
March
2007

標識多し

70317sora.jpg

よく撮るものランキング上位。標識。
標識を撮りたいというよりも、見上げると空を撮りたくなるから...。

by R-D1s / Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical

なにかデジタルカメラを新調すると、まず空を撮る。
空の色がイメージ通りに出るかでないかが、自分の大きな判断基準になっている。
空の色だけが気に入らなくて手放したデジタルは本当に多い...。

常にDaylightで撮るこのカメラ。
空の色を気持ちよく写してくれる。
この日も冬の終わりの晴れ間の空を、記憶通りに残してくれた。
へなちょこでも、R-D1sが気に入っている理由のひとつ。

投稿者 TAKAHASHI : 12:42 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 錆びついて縛られて
18
March
2007

錆びついて縛られて

70317loop.jpg

錆びもの、結びもの...。
個人的撮りたくなるアイテムランキング、かなり上位。

by R-D1s / Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical

投稿者 TAKAHASHI : 15:26 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 視野以上
16
March
2007

視野以上

70316gear.jpg

R-D1で28mmレンズって、かっなり苦労してる。
どのフレーム枠より広く写る傾向のR-D1だが、
28mmに関して、フレーム枠だけでも見渡すのに目をぐるぐる回して大変なのだが、
それ以上写ってしまうもんだから、まともなフレーミングなんてほとんど無理。
等倍ファインダーなんで、ファインダー越しの絵にパースはないが、
42mm相当の仕上がりには当然パースが付く...。

by R-D1s / Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical

70316boss.jpg

70316loop.jpg

思ったよりひとまわり広く写っていて嬉しいときと、迷惑なときと...。
なかなか、イメージ通り風景を切り取るなんてわけには行きにくい。
そう思うと50mmや35mmの方が性に合ってるかも。
ま、これもレンジファインダーの面白さって事にして。

by R-D1s / Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical

投稿者 TAKAHASHI : 08:17 | トラックバック

TOP > 32 Episode, 67 Canon EOS 5D, 79 EPSON R-D1s > R-D1s with Luigi's Case
14
March
2007

R-D1s with Luigi's Case

70314luigi1.jpg

フォーマルスーツに衣装替えしたR-D1sは、愛着度レッドゾーン。
以前某ライカアンティークショップで目にしたLEICATIMEのこのケース。
余りの値段の高さに二の足を踏んでいたが、eBay通しの直販でポチッとゲット。
現行モデルは、リアのLCDを保護するカバーが付属し、ついでにフックも付いているのだが、
それは要らないってオーダーをイタリア人相手に日本人が下手な英語でやりとりするという苦労もあって、
到着したときの喜びも一塩で...。

photo by Canon EOS 5D / Carl Zeiss Planar 50mm f1.4

70314luigi2.jpg

以前使っていた、A&AのR-D1用ケースは、ドッカと鞄に入れたようなケースで、革もツヤがあり、グリップもパッドを貼り付けたという感じで、もう一つ好きになれなかった。
このLEICATIMEのケースは、イタリアンハンドメイド。革はA&Aより薄手だが、R-D1sをすーっと包み込み、まさにシャープなボディスーツを身にまとったという感じ。革の感じもマットな質感で、R-D1sの艶消しボディにバッチリ。グリップはあんこを詰めた感じで、これまた気に入っている。そしてリアのLCD部分の操作窓は、以前より改良されていてまた使いやすい。
まー、M8なんかと並べると貧弱さを隠しきれなかったR-D1sだが、馬子にも衣装。このケースでなんともスマートなR-D1sに生まれ変わった。いや〜、いいわこれ〜。
机の横なんかに置いて仕事してても、ちょっと視界に入っては見とれてしまう〜。いや〜、いいわこれ〜。

投稿者 TAKAHASHI : 22:42 | コメント (9) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 雪に解ける
09
March
2007

雪に解ける

70309hana.jpg

こんな時期に本気で降るなんて...。

by R-D1s / Leitz Summaron-L 3.5cm F3.5

なんかSummaron、カラーの絵がいいな。

投稿者 TAKAHASHI : 12:56 | コメント (4) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 流木
07
March
2007

流木

70305ryuboku.jpg

どっかりグレートーン乗せてやる...。

by R-D1s / Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical

1.5倍のへなへなボディでも、エンジンはEPSON。レンズはUltron 28mm。
やればいかようにもでも...。

投稿者 TAKAHASHI : 07:45 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 阿
06
March
2007

70305a.jpg

by R-D1s / Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical

投稿者 TAKAHASHI : 08:49 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 安宅の花嫁
05
March
2007

安宅の花嫁

70303hanayome.jpg

ちょっと通りがかった、安宅住吉神社。
丁度、挙式をおえた花嫁がおりてきた..。
あ〜、こういった歴史のある神社で神前式もまたいいもんだな〜って思っていたら、
八松苑のウェディング・コンシェルジュ西さんがいた。
この後、八松苑にてご披露宴だそうで...。
いや〜、意外と世の中せまいもんで(笑)。

by R-D1s / Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical

70303hanayome2.jpg

しかし、街角でこういったおめでたいシーンに出会うと、なんか自分もうれしくなるもんです。

by R-D1s / Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical

投稿者 TAKAHASHI : 10:51 | コメント (2)

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 海
04
March
2007

70303umi.jpg

海に行ってみた。
そういえばR-D1sを手にしてから海って撮ってなかったな...。

by R-D1s / Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical

70303umi2.jpg

曇り空であるが、F1.9の開放で遠景を撮るなんて無謀。
すっとびのデータだが、Photolierで開くとしっかり階調がある。
そのままカラーで現像してみたり、モノトーンにしてみたり...。

by R-D1s / Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical

無謀ついでにBLOGをもう若干ワイド化しりして...。

投稿者 TAKAHASHI : 00:05 | コメント (4) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 階段
03
March
2007

階段

70302kaidan.jpg

by R-D1s / Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical

投稿者 TAKAHASHI : 08:31 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 良い金持ち
02
March
2007

良い金持ち

70302good.jpg

何気なく付いてる商品名だが、そのまま和訳を考えると...。

by R-D1s / Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical

てことは、その逆もあって「悪い金持ち」。
ん〜、金持ちってこっちの響きの方がしっくりくる気が...。
しかし、Badrichって商品名じゃ売れないな。

投稿者 TAKAHASHI : 08:25 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 20cmの長い距離
01
March
2007

20cmの長い距離

70301summi40c.jpg

石川R-D1同盟のmizuno氏が、最近手に入れ、な〜んかいい絵を連発しているので
ちょいと試写させてもらった、SUMMICRON-C 40mm。

by R-D1s / Leitz Summicron-C 40mm F2

LEICA CL用って出てた、コンパクトボディにマッチする、小ぶりで軽量のこのレンズ。
ちょっと廉価版ぽい気もしていたが、さすがSummicron。
そのシャープさと、柔らかいボケが無茶苦茶いい。
相場も手頃だし、いいのがあれば一本欲しいところ・・・。
ってまてまて、自分にはSummicron 35mmという大きな目標が。

このレンズ最短撮影距離80cmと中途半端だが、Summaronの1mとは結構違うもんで。

投稿者 TAKAHASHI : 08:56 | コメント (6) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 公園の素材辞典
28
February
2007

公園の素材辞典

70228isu.jpg

70228mizu.jpg

by R-D1s / Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical

モノクロ表現はPhotolierにかぎりますね〜。
本来ならかなりの知恵と経験とテクニックで作り上げるものだと思うのです...が。

投稿者 TAKAHASHI : 15:19 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 早くも冬の終わり
27
February
2007

早くも冬の終わり

70227gyako.jpg

夕食の時、ストーブが暑いと思って消した。
今年は本当に寒いと思った日は無かったような気が...。

by R-D1s / Leitz Summaron-L 3.5cm F3.5

絞ると、これが思った以上にシャープなズマロン。
某書に書いてある通り・・・いいなこれ〜。

投稿者 TAKAHASHI : 08:47 | コメント (3) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 青のペンキ
26
February
2007

青のペンキ

70225blue.jpg

by R-D1s / Leitz Summaron-L 3.5cm F3.5

投稿者 TAKAHASHI : 20:25 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > ナチュラル
25
February
2007

ナチュラル

70225shinpandai.jpg

写真の魅力というと、目にしたものに惹かれ、ファインダーを覗きシャッターを切り、
その上がったものがドラマチックだったり、そうじゃなかったり...。
何気ないものでも、写真に撮ると、いいね〜って思えたりすると、
うれしくなってもっと撮りたくなったりする。

by R-D1s / Leitz Summaron-L 3.5cm F3.5

70225kouka.jpg

銀塩の頃は、9割がポジだった。高いコントラストが、見たとき以上にドラマチックに上がり、その魅力に惹かれていた。デジタル時代となって、最初に物足りないと思いだしたのは、そのポジの濃厚さがない事だった。最近は現像ソフトなんかを触っていけば、どんなイメージも作られる時代だが、それをいじるのではちょっと思いが違う。っで、やはり好んで選ぶレンズとなると、現代のカラー表現に適した、コントラスト高めのコーティングレンズとなる。R-D1sとのフォトライフも、ZEISSが好きで、T*コーティングが好きで、SONNARのボケが好きで、迷うことなく最初に手に入れたのがC SONNARだった。もちろん、なんの不満もない...。
このSummaronは、まさにその対局にあるように思う。モノクロ表現に適し、コントラストを抑えた絵で、暗部の階調もやさしい。R-D1sの自然な発色と合わせて、Macで開くとまさに撮った瞬間と同じ絵がそこにある。何ともやさしい表現で、みたままを切り取った感じで、なんともナチュラル。それこそ、何気ないものは、何気ないまま残してくれる。
写真表現の魅力は多々あるが、このレンズを使って、また、ひとつ写真のおもしろさを知ったような気がする。

by R-D1s / Leitz Summaron-L 3.5cm F3.5

投稿者 TAKAHASHI : 14:29 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 蔵
24
February
2007

70222kura.jpg

小松、プチレトロエリア...。

by R-D1s / Leitz Summaron-L 3.5cm F3.5

投稿者 TAKAHASHI : 09:09 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 32 Episode, 79 EPSON R-D1s > モノクロームの目 3.5/3.5
23
February
2007

モノクロームの目 3.5/3.5

70222ajisai.jpg

正確な年代はわからないが1950年以前のものなんでしょう。
当時はやはり写真というとモノクロームの世界。
それを現代にカラーで、しかもデジタルで使ってしまう。
R-D1に踏み込むってことは、こういう事のようで...。

by R-D1s / Leitz Summaron-L 3.5cm F3.5

70222sanpo.jpg

by R-D1s / Leitz Summaron-L 3.5cm F3.5

よく写る玉を手に入れると、次にこういった懐古玉が欲しくなるもので...。もちろんそんな時代を生きていたわけでもないけど。
狙っていたのは35mm。しかもコンパクトなタイプ。正直Summicronが欲しかったが、この時代のものはそれはもうあり得ない値がついている。このSummaronは割と手に入りやすく、品数も多い。それにR-D1の先人方も多く愛用されていて、レビューなんか見ていてもなんとも良さそう。
このSummaronはLマウントの初期モデル。後期モデルとなるとデザインも代わりやや大柄になる。地方在住ということもあるので、入手はインターネットに頼ることに。ヤフオクのウォッチリストはSummaronの山。出品物の説明書きはもちろん、出品者の人柄まで品定めするのがこの道の世界・・・(笑)。そうこうしながら、良さそうだなと狙っていたものを手に入れることが出来た。届いたものは、説明にあった通りの程度のよいものだった。ヘリコイドもスムーズで、レンズそのものもかなりきれいなものだった。
早速試写。
写ります写ります(当たり前だが・・・)。なんとも柔らかい描写。彩度なんか高いわけもなく、すーと抜けるようにやさしい。また開放でも、割とキリッとシャープな印象。
しかしこの時代、カラーで写真を撮られるなんて考えもしてなかっただろう...。ある程度モノクローム主体でと思って手に入れたレンズだが、これがカラーもなかなかいい感じ。ともかく、現代の高性能レンズでガッチリ撮りたい日と、今日はSummaronで散策っていう、ゆるい日があって、またフォトライフも楽しい気が。

70222summaron.jpg

まった、この姿がかっこいいんすわ...。
欲を言えば、R-D1sがもっとコンパクトだとなおいいんですがね。

「ズマロンの勇姿」by Canon EOS 5D / Voigtlander MACRO APO-LANTHAR 125mm F2.5

投稿者 TAKAHASHI : 08:41 | コメント (6) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 32 Episode, 54 Food and Drink, 79 EPSON R-D1s > こころの潤滑油
22
February
2007

こころの潤滑油

70221live.jpg

昨晩はもっきりやでの、FRIED PRIDEライブに行ってきた。
FRIED PRIDEを知ったのは何年か前にあったALL THAT JAZZというオムニバス版だった。
MARCUS MILLERにMICHAEL BRECKER、
HERBIE HANCOCK、LISA ONOという顔ぶれに混ざって
FRIED PRIDEのLove for saleが入っていた。

by R-D1s / Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical

70221live2.jpg

聞いていた当時は、日本人アーティストという認識はなく、これいいな〜って程度だったが、のちに、いつも行くペーパームーンで、FRIED PRIDEのアルバムがかかっていてもっきりやのオーナー平賀さんに、いつもの如くFRIED PRIDEはいいよ〜っ!て熱く語られた。その後出ていたアルバムはすべて手に入れて愛聴し、大好きなアーティストとなった。オリジナル曲もあるが、ジャズやソウル、それこそスモークオンザウォーターに至るまでカバーしていて、また、それらはよくあるカバーではない。そこには正にFRIED PRIDEワールドがある。
繊細でありながら心まで響いてくるSHIHOのボーカルに、横田の無茶苦茶かっこいいギターというデュオ。昨晩は一人でも行くつもりだったが、ヨメさんも一緒に行くって言うので二人で楽しんできた。いや〜、よかった。本当にあったいう間のひとときだった。コンサート会場ではなく、ライブハウスという空間。また、もっきりやという小さいライブハウス。東京、大阪、それこそNYでも、この迫力は味わえないかもしれない。金沢にもっきりやという存在。本当に宝だと思った。
ライブの余韻に浸りながら、ちょっとペーパームーンに立ち寄る。ライブを終えたFRIED PRIDEの二人がテーブル席で休んでいた。「いや〜、よかったです。ありがとうございます」って声を掛けたら笑顔で応えてくれた。カウンターに座って、「いや〜よかったわ〜」てかおるさん相手にまた語ってしまった。ふと見ると、チビの椅子にはチビチビがひっくり返って寝ている。やっぱり、ペーパームーンに猫は欠かせない。また、ここでも和んでしまった...。

70221tibitibi.jpg

by R-D1s / Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical

投稿者 TAKAHASHI : 13:55 | コメント (1) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 歩行者通路
21
February
2007

歩行者通路

70221senyoudou.jpg

のんびりと住宅街...。
TSUTAYAにDVDを返しに行く途中です。

by R-D1s / Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical

投稿者 TAKAHASHI : 09:35 | コメント (4) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 明るく広い目
20
February
2007

明るく広い目

70220ul2.jpg

70220ul1.jpg

ULTRON 28mm F1.9。いいなこれ。
色味はややブルー系だが、ほぼニュートラル。
絞るとCosina Voigtlanderは結構濃厚な色味を出してくれる...。
広角でこのゆるいボケ味。

いいんじゃないですかい。

by R-D1s / Voigtlander ULTRON 28mm F1.9 Aspherical

世の評価も高い、ULTRON 28mm。
いろんな雑誌のサンプルや、多くのサイトの写真を見るも
やはり、手にとって写してみるまでなんとも自分が気に入るかわからないもの。
いや〜よかった、よかった。

っで、これもまた、フルサイズで使いたい...。
R-D1での換算42mmって結構微妙。

投稿者 TAKAHASHI : 16:55 | コメント (7) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > アタリでないという...
13
February
2007

アタリでないという...

70213elmarit.jpg

中古レンズ物色なんて、そんな簡単なものではないのでしょう。
それこそ地方のたまたま行った先にあった玉が
気に入ったものだったりするなんてうまい世界ではないようで...。

by R-D1s / Elmarit-M 28mm f2.8 2nd Version / borrowed lens

itamuraさんにコメントいただいたように、時代が時代の玉だけにアタリであればそれこそ現代玉に無いすばらしいなにかがあると思う。今回試写のレンズは難あり品というレベル。それこそアタリの訳がないのであるが、正直期待もせず試写したことで、いや!いいわこれ〜って驚きがあった。難あり品の理由として、フード・キャップが無いということはあるのだが、若干の曇りがあるということだった。改めてじっくり画像を見ると、全体にしらっぽい気もする。状態をしらなければ気にならないレベルかもしれない。しかし、それこそアタリ玉の驚く写りではないでしょう。
こういったものは、気になり出すと撮るショットごと気になってくるような気がする。難ありでもライカ。決して安いものでもない。ここはいったん見送ることにした。皆さん、コメントいただきありがとうございます。またひとつ知る世界もあった気がする。
っでやはり、当初の希望のハイコストパフォーマンスレンズに戻る予感...。

投稿者 TAKAHASHI : 12:36 | コメント (3) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 常用玉の物色
10
February
2007

常用玉の物色

70210elmarit.jpg

ここのところ28mmレンズを物色中であった。
もちろんR-D1sに装着で42mm相当になるのだが、距離計も使えてスナップショットには欲しいところ。
また、レンジファインダーにとってこの焦点距離は大激戦区ではないだろうか。

by R-D1s / Elmarit-M 28mm f2.8 2nd Version / borrowed lens

とりあえずLEICAなんて玉は高嶺の花なのでさておき、
Voigtlanderには、F1.9大口径のULTRONに
F3.5ながらコンパクトで真鍮製鏡筒のColor Skoparといいのが2本。
やはり候補に外せないのがZeiss Biogon 28mm。
そのはかGR28mmやM-RokkorにG-Rokkorなどなど...。
いろんなサイトや雑誌等を参考にしながらも実際どうなんだろうと悩んでいたところ。

そういえば、いつも行く店にぽつんとやばそうなElmarit-M 28mm置いてあったなと...。
状態としては難あり品。外観ともかなり使い込まれている。
ま、ものは試しなんで周辺をさくさくっと撮らせてもらい、とりあえず取り置きを頼んで戻ってきた。
早速パソコンに取り込み見てみると、いや、これがいいんです!
ピンが来たところはキリッとシャープで緩いボケ味も良く、また暗部の階調もキレイ。
いや〜、くさってもライカ。難ありでもライカ・・・。
まだまだ、この違いがわかるには至ってないと思うがやはりいい。
曇りの天候での試写なので条件は限られてはいるのだが、これは行っとこうかなと...。

70210elmarit3.jpg

70210elmarit2.jpg

by R-D1s / Leica Elmarit-M 28mm f2.8 2nd Version / borrowed lens

投稿者 TAKAHASHI : 18:25 | コメント (5) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 青いSKOPAR
09
February
2007

青いSKOPAR

70209skopa.jpg

ちょっとレンズ交換会でお借りしているSnap shot-Skopar。
コンパクトボディで、目測撮影の速射レンズ。R-D1にも似合って軽快です。
しかし、このレンズ。上がりがかなり青い気が...。

by R-D1s / Voigtlander Snap shot-Skopar 25mm F4

70209skopa2.jpg

事前情報からの先入観もあるのかもしれないが、
率直な感想として、ブルーの幕が掛かったように青い。
また、彩度が高いのかペタッっとした絵に感じる。
お決まりの周辺減光はさておき、
Super WIDE-HELIAR 15mmは、このような違和感を感じず好感を持っていたことを思うと、
ちょっとギャップがあった。

ちょっとコシナ製Voigtlanderレンズも物色中だが、
他レンズは、それぞれどうなんだろうと悩む。
Color Skoparあたりは似たような傾向なのか...。
Ultron、Noktonあたりはまた違うのか...。
ま、ほとんど、個人の感覚の問題なので手にして使ってみて好きか嫌いかだけなのだが・・・。

by R-D1s / Voigtlander Snap shot-Skopar 25mm F4

投稿者 TAKAHASHI : 17:17 | コメント (2) | トラックバック

09
February
2007

Z-D1

70209ikon-d.jpg

田中長徳氏のCHOTOKU×R-D1を見てたら、
長徳氏所有のR-D1であろうボディに、丸いエンブレム。
Leicaとは書いてないのだろうが、こういった遊び心はけっこう好き。
R-D1の存在自体が無国籍Leicaのようなものであり、
なんでも着いてしまうMマウントは、趣味のレンジファインダーの世界。
個人で楽しむ分には、こんな装飾もありでしょう。
出て欲しい願望とともに、こんなものでも貼っつけてみてと...。

by Canon EOS 5D / Carl Zeiss Planar 50mm f1.4

投稿者 TAKAHASHI : 15:32 | コメント (6) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 水辺のケース
08
February
2007

水辺のケース

70208mizube.jpg

R-D1sの撮影設定は、基本的にデイライト。
現像もよほど変な色かぶりがない限り撮影時の設定のまま。
記憶と違い、上がったときには幻想的になっていたりして、それが銀塩時代の楽しみだった。
デジタルとなって、プレビューでそれが確認できてその都度顔がほころんだり...。

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

っでパソコンに取り込んで見てみると、がっかりの時もしばし...(笑)。

投稿者 TAKAHASHI : 11:17 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 0202の日
02
February
2007

0202の日

70202eda.jpg

70202decan.jpg

いつの日か習慣になっている、家族の誕生日は外食する。
写真は二週間ほど前の妻の誕生日に行った片山津にあるLa Vive。
今日も誰かの誕生日ではあるが、だんだんめでたくも無くなってきた...。

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

70202shi.jpg

すでに長男は付いてこないが、
長女はその日が楽しみで行く店の選定から首を突っ込んでくる。
長男の誕生日なんて日は、本人そっちのけで三人で食事会してたりするありさま...。

投稿者 TAKAHASHI : 09:08 | コメント (7) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 32 Episode, 79 EPSON R-D1s > ショーケース
31
January
2007

ショーケース

70131show.jpg

Adobe Photoshop Lightroomが発表になった。
キャンペーン価格があるので思ったより安いような気がした。
PhotoshopはほぼCameraRAWのためにバージョンアップして来ていたようなものなので、
これがあれば、PhotoshopはElementsで十分な気がする。
ってIllustratorなんかは未だにバージョン8以上は不要と思うので
Illustrator Elementsなんてあれば十分なんです。

しかし、デザイナーは諸々要るので
Creative Suiteのパックでバージョンアップするしかないんですが...。

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 09:10 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > BEERならCoors
30
January
2007

BEERならCoors

70130coors.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 09:12 | コメント (4) | トラックバック

TOP > 12 Travel, 79 EPSON R-D1s > R-D1sと二本のレンズと時々...
27
January
2007

R-D1sと二本のレンズと時々...

70125karetta.jpg

昨年12月の横浜・東京の二日間のショートトリップ。同行者そっちのけで、撮り楽しんだスナップも、一ヶ月以上にもわたって掲載してきたが、これが最後のショット。
やはり街中を散策する、旅のスナップショットは一眼レフではなくレンジファインダーが小気味よい。やわらかいボケを生かし、街角を切り取るという楽しみを覚えると、いくら高性能でも映像素子の小さいコンパクトデジタルを使いたいと思わなくなる。いまはただ一本、一本とこのボディに着くレンズを増やしていきたいというところ。そして、次に手にしたくなる何かのために。
密かに、寄れるカメラもほしいところだが...

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

投稿者 TAKAHASHI : 09:10 | コメント (4) | トラックバック

TOP > 12 Travel, 79 EPSON R-D1s > 空中の厨房
26
January
2007

空中の厨房

70126chubo.jpg

優雅に食事を楽しむ空中レストランでは、厨房も美しいもので...。

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

投稿者 TAKAHASHI : 10:03 | トラックバック

TOP > 12 Travel, 79 EPSON R-D1s > 空中レストラン
25
January
2007

空中レストラン

70124karetta.jpg

陽も傾き、そろそろ帰りのフライトを気にする時刻...。
ようやくSIO-SITE内繁華街ゾーンなるところへ到着したのか、
人通りも激しいところへ到着。カレッタ汐留。
中へはいるとレストランやショッピングゾーン。最上階には展望レストランがあるようなので、
登る登るお上りさん...。

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

投稿者 TAKAHASHI : 17:49 | トラックバック

TOP > 12 Travel, 79 EPSON R-D1s > 番組収録中につき...
24
January
2007

番組収録中につき...

70124sio.jpg

SIO-SITEをブラブラするものの、何処に何があるかもわからず、やや疲れ気味で日テレ周辺にあったTULLY'S COFFEEで休憩。通路をはさんだ向かいのスポーツカフェが、なにやらざわついている。スタッフらしき人が、狭い通路で「立ち止まらないでくださ〜い」と誘導している。のぞき込むと上戸彩がいる。
「わっ!ちっちゃ!!」
FIFAクラブワールドカップ、昔で言うところのトヨタカップのこの日は初日。日テレが中継するって事で大会を占う的な事前番組として、マスコットになっている上戸彩と、サッカー好きお笑いタレントの土田、元日本代表の北澤の三人で番組を録っている。ま、土田がえらいでかいと言うこともあって、上戸彩の小ささが際だっている。っでこれまたカワイイ。いや〜、本物の芸能人は違いますね〜。ちょっと疲れ気味だったがテンションも上がってしまった(笑)。

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

投稿者 TAKAHASHI : 09:43 | コメント (4) | トラックバック

TOP > 12 Travel, 79 EPSON R-D1s > 光の柱
23
January
2007

光の柱

70123hikarihashira.jpg

何気ない造形物も、新鮮な光。

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 20:36 | トラックバック

TOP > 12 Travel, 79 EPSON R-D1s > 燃えよドラゴン
21
January
2007

燃えよドラゴン

70121dragon.jpg

ガラス張りの中を歩くっていうと思いだされるのが、
燃えよドラゴン。
っで現れたのが、ドラゴン?!

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

投稿者 TAKAHASHI : 17:06 | トラックバック

TOP > 12 Travel, 79 EPSON R-D1s > SIO-SITE潜入
19
January
2007

SIO-SITE潜入

70119siosite.jpg

気を取り直してSIO-SITEに戻る。
まばらだが、いるいる普通に見える人々が...。
ま、見上げっぱなしなので、人なんて写らないんだが...。

ガラス張りのビル群の中はシンメトリーに写り込む。

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

投稿者 TAKAHASHI : 13:34 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 12 Travel, 79 EPSON R-D1s > イタリアン競馬
18
January
2007

イタリアン競馬

70118wins.jpg

汐留SIO-SITEの散策マップを見ると、イタリア街なるものがある...。
これにはひかれる。
イタリアンデザインアイテムを扱ったショップや、レストラン、ブティックが建ち並んでそう・・・
地図を見ながらわくわくしながらそちらの方向へ。

ん?なんか静かだぞ・・・??
街並みは、ややイタリアっぽい建物が並んでいるが、
日曜にもかかわらず、あまり人が歩いていない。
しばらく歩くと、ぞろぞろとちょい不良風のオヤジが出てくる建物が・・・。
おおっー!、こっちこっち〜!
って寄ってくと、出てくるのはちょい不良というより、ただのオヤジばかり。
よくよく見るとその建物はWINS。
・・・。

すごすごと戻るのであった。

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

投稿者 TAKAHASHI : 08:45 | トラックバック

TOP > 12 Travel, 79 EPSON R-D1s > 上を向いて歩こう
17
January
2007

上を向いて歩こう

70115bill2.jpg

70115bill1.jpg

昨年暮れの「横浜東京・ちょい遅れ名所ツアー」も最後の散策地。汐留。
フライトの時間もあるので、なるべく羽田に行きやすいところって事で。
っで着くなり巨大なビル群に圧倒される。
いや〜、首が痛くなるほど上を見てしまいますね...。
この辺は、横浜ランドマークタワーよりもビルがひしめき合っているからか、すごい迫力。

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

投稿者 TAKAHASHI : 08:32 | トラックバック

TOP > 52 Topics, 79 EPSON R-D1s > MT3.3のDBをSQLiteに移行
12
January
2007

MT3.3のDBをSQLiteに移行

70111sqlite.jpg

当ブログは、Movable Type 3.15から始め、スパム対策などから、
3.2、3.3とバージョンアップしてきた。
データベースは、当初からBerkeley DBだったのだが、
ここのところ新規エントリーや再構築にやたら時間が掛かるので、
SQLiteへの移行に踏み切った。(って大げさだが...)

Photo by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

MT3.3にバージョンアップの際、SQLiteにと思い、付属のmt-db2sql.cgiを試みるも、なんかうまく行かず、まあいいかと放置していたが、TAKAHASHI-DESIGN/BLOGのエントリー数も220件を越え、最近特に、コメント付けるだけでも再構築に時間が掛かるようになり、再度、SQLite移行に挑戦。
一式、ローカルにItalblog共々バックアップを取り、エントリーの書き出しも行い準備を整える。今回は、Ogawa::Memorandaさんのmt-db-convert.cgi: MTデータベースの相互変換CGIスクリプトを使う。これがデータベースの相互移行が出来るという優れもので、また、わかりやすい。やり方としては、こちらのページなどを参考にした。Movable Type3.2の500エラー対策!DBをsqliteにする方法:商用BLOG専門店mt-db-convert.cgiの3.3用プログラムをアップし走らせ、Berkeley DBからSQLiteに設定する。その後、mt-config.cgiを設定した内容に変更しアップして完了。
これが、うまく行ったのか不安になるぐらいスムーズで、SQLiteへの移行後は、劇的に再構築が早くなった。こんなくらいならとっととやるべきだった。ちょっと、不思議なこととしては、以前のDBは12.5MBほどあったものが、SQLiteのDBは1.5MBしかない。一般的に軽くなるようだが、あまりにも軽い。ま、ともかく今のところ不具合もなく快調のようである。
ここに至るまで、いつものHaruさんにちょこちょこアドバイス頂いていたことに感謝いたします。ともかく、スピードとしては本当に一瞬で更新など行える。新規にMT導入予定の人などは当然最初っからSQLiteを利用すれば、快適なんだと思う。もちろん設置サーバがそのデータベースを使えることが最低条件ではあるが...。

投稿者 TAKAHASHI : 09:02 | トラックバック

TOP > 12 Travel, 32 Episode, 79 EPSON R-D1s > GINZA新名所
11
January
2007

GINZA新名所

70109leica.jpg

オープンしてからかなり経つが、初めて訪れたライカ銀座店。
さすが、ライカのブランドイメージを崩すことのない美しいディスプレイ。
店内はシックで落ち着いた雰囲気。
ま、ここで購入すると言うより見て触れるサテライトショップといったところか...。

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

70109leica2.jpg

訪れたのは昨年暮れの12月10日のこと。っで居合わせたお客さんというと、地方から出てきたライカファンなのかいかにもという感じで、首からライカをぶら下げて、スタッフに自分のライカについて、なにか語っていた。スタッフもやや苦笑い気味で、応対していた。ま、地方から出てきたってとこは人のことは言えないが、ちょっとひいてしまった。この辺は、レモン社あたりにいる客層ともまた違う感じを受けた。外国人客の姿もあって、ちょっとした観光地の雰囲気?(笑)。
自分は、発売前のM8に触ってみたかったのがあった。シルバーとブラックが置いてあり、どちらもデモ機としてレンズも付いて試せた。今はnocaさんのM8も触らせてもらったので、また、印象は違うが、最初手にとってシャッターを切ったときは、大きめのシャッター音とチャージの音に、ん?って感じをうけた。ま、静かな店内だったせいもあるのだろう。あのLEICAのカッコイイ巻き上げレバーのない寂しさは置いておいて、質感、重量感、美しさはやはりLEICA。存在感が違う...。ん〜、買うのならやっぱりシルバーかな・・・って勝手にイメージしながら、何度も手にとって、ファインダーを覗いて、シャッターを切った。
狭い店内だが、一通り見て回り、二階のギャラリーも少し覗く。戦地を渡り歩いたLEICAの展示物などもあり、その強靱さを物語っていた。どんな状況下に置いても記録するという目的に徹底して作り上げられているLEICA。あらためてLEICAというカリスマ性を実感する。
時間も無かったので、そこそこにして店を出た。そうだ、記念に写真とっとかないとと、お上り感覚でカメラを取り出し、シャッターを切った。「ピチンッ」というR-D1のシャッター音に、なんかちょっとホッとした。

投稿者 TAKAHASHI : 09:29 | トラックバック

TOP > 12 Travel, 32 Episode, 79 EPSON R-D1s > 大型広告
09
January
2007

大型広告

70110softbank.jpg

この時期、広告展開に恐ろしく力を入れているソフトバンク。
キャメロンディアスや、ブラッドピットが電話をしながら歩いているだけのCMなんかは、
どこもさほど変わらない機能を訴えてる他社に比べ、圧倒的にいいと思う。
しかし、そのイメージだけではMNPには結びつかないのですよね...。

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 10:21 | コメント (7) | トラックバック

TOP > 12 Travel, 79 EPSON R-D1s > N.Y. style
08
January
2007

N.Y. style

70108bill2.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 10:33 | トラックバック

TOP > 12 Travel, 79 EPSON R-D1s > 道の真ん中で
07
January
2007

道の真ん中で

0107bill.jpg

ビルに写る光。
横断歩道が青になり、渡り初めて中頃か...。
ほぼ立ち止まらず一瞬ファインダーを覗きシャッターを切る。

こういったディテールにはファインダーを向けたくなる。
デザイナーの性分か...

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 10:41 | トラックバック

TOP > 12 Travel, 79 EPSON R-D1s > コントラスト
06
January
2007

コントラスト

01064c.jpg

黒の空。
Photolierのモノクロフィルターで濃厚さも増し...。

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 14:34 | トラックバック

TOP > 12 Travel, 79 EPSON R-D1s > 群青の空
05
January
2007

群青の空

0105bill.jpg

冬の東京。
北陸の空とはそら全然違う。

絞り込んでC Sonnar。

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 13:54 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 12 Travel, 32 Episode, 79 EPSON R-D1s > リンゴ
04
January
2007

リンゴ

0104apple.jpg

余りにもシンプルな形。
このシンボルからイメージされるのは美しいプロダクト。
そのイメージがあるからこそ、また美しく見えるシンボル。
すべてが象徴されるからシンボルというもので...

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 10:02 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 12 Travel, 79 EPSON R-D1s > Hi Ka Ri
03
January
2007

Hi Ka Ri

0103hikari.jpg

逆光ズキ。
正面からの光に描かれた影。
反射して写り込んだ光。

ついでに好きなのがボケ。
R-D1s+C Sonnar開放ではぶっ飛ぶんですよね...。

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 20:20 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 52 Topics, 79 EPSON R-D1s > 行く年2006
31
December
2006

行く年2006

61231.jpg

今年一年もいろいろありました。
総じてよく働いた年だったと思う。
見て、聞いて、学び、考え、そして気づくことも多かった。
その学んだことは新しい年に、今後の人生に生かしたい。

当ブログを閲覧、コメント頂いた皆様。ありがとうございました。
また、来年もよろしくお願いいたします。

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

投稿者 TAKAHASHI : 09:29 | コメント (4) | トラックバック

TOP > 52 Topics, 79 EPSON R-D1s > R-D1s 個人的 -Camera Of The Year 2006-
30
December
2006

R-D1s 個人的 -Camera Of The Year 2006-

61231coy3.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

TAKAHASHI-DESIGN/BLOGといいながら、今年も一年写真ネタばかりで、年末を迎えることに...。
やはり今年一年一番の話題をかっさらったのはLEICA M8。もちろん自分自身、このM8を手に入れるには至らなかったが、R-D1sを手にするきっかけとなったのは言うまでもない。そのR-D1sを手にしたことにより、いままで知ることの無い様々なことを学んだ。決して優等生ではないR-D1s。なんとかこれを使いこなし撮り倒したいという写欲を与えてくれた。写真のほとんどがスナップショットの自分にとって、レンジファインダーには、本当に写真を撮る喜びがあると感じた一年だった。
また、R-D1s購入のきっかけは、一本ワイドを装着してのストリートショットを撮りたいという思いではあったが、このC Sonnar T* 50mm F1.5には、はまった。R-D1sが個人的Camera Of The Yearになったのも、このレンズを手にしたからというところが大きい。
欲はつきることなく、数々の銘玉を活かすためにも1.5倍より1.3倍、それよりフルサイズ...。デジタル・レンジファインダーの世界も年々進化していくとを望んで。

61231coy2.jpg

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

投稿者 TAKAHASHI : 12:43 | トラックバック

TOP > 12 Travel, 79 EPSON R-D1s > ショーウィンドウ
29
December
2006

ショーウィンドウ

61229ash1.jpg

61229osh2.jpg

61229osh3.jpg

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

投稿者 TAKAHASHI : 13:57 | トラックバック

TOP > 12 Travel, 79 EPSON R-D1s > 旬なおのぼりコース
28
December
2006

旬なおのぼりコース

61228osh1.jpg

61228osh2.jpg

61228osh3.jpg

ってかなり旬は逃していますが、表参道の新しいショッピングストリートは、
お店のディスプレイを見ているだけでも楽しい。
個人的には、この蔦が絡み合った昔の佇まいが雰囲気あって好きな通りの一つだったんですが...

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

C1 PROでそのまま現像したショットだが、販売終了となったKRの空に近くて、
なんだかうれしい...。

投稿者 TAKAHASHI : 10:19 | トラックバック

TOP > 12 Travel, 79 EPSON R-D1s > 日本海離れ
27
December
2006

日本海離れ

61227sando1.jpg

61227sando2.jpg

快晴の太平洋側は、やはり日本海側にはない空の色。

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

投稿者 TAKAHASHI : 09:11 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 12 Travel, 79 EPSON R-D1s > 天候晴れ
26
December
2006

天候晴れ

61226land.jpg

翌朝は快晴。
ランドマークタワーも上まで見える。
この70階建てのビルは、なぜか高さを感じない。上からの眺めも下からの眺めも...。
デザイン的な要因なのか、回りに高いビルがないせいなのか。
パークハイアットに上ったときは迫力あったな...。

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

投稿者 TAKAHASHI : 10:57 | トラックバック

TOP > 12 Travel, 79 EPSON R-D1s > 上空
25
December
2006

上空

61225yakei.jpg

鉛色の空に、横浜ランドマークタワーはすっぽり覆われていた。
当然、上からの眺めも窓の外は灰色。
なんでも高ければいいってものではないようで...。

しかし、夜遅くには霧も晴れ、うっすらと夜景が見渡せた。
快晴の夕暮れぐらいが一番きれいなんでしょうね。

ここは、ロイヤルパークホテル 70F シリウス。
日本一高いところにあるラウンジとのこと...

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

61225coktel.jpg

「街の灯りが、とてもきれいねヨコハマ...」

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 09:43 | トラックバック

TOP > 12 Travel, 79 EPSON R-D1s > ワン・シーン
20
December
2006

ワン・シーン

61220ngh.jpg

男:いや〜まいった。
女:そうね...

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 12:03 | トラックバック

TOP > 12 Travel, 79 EPSON R-D1s > ジャパン・クラシカル
19
December
2006

ジャパン・クラシカル

61219ngh1.jpg

61219ngh2.jpg

ホテルニューグランドの装飾のデテールには、和をも感じる。
これが海の向こうからの客人をお迎えする本来のスタイルだろう。

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 16:41 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 12 Travel, 79 EPSON R-D1s > マッカーサーもお泊まりだそうで...
18
December
2006

マッカーサーもお泊まりだそうで...

61218ngh1.jpg

61218ngh2.jpg

なんとも趣のなるホテル。山下公園の目の前、ホテルニューグランド。
近代的なホテルもいいが、歴史を感じるこういったホテルもまたいい。
正面の階段などはマフィア映画でデ・ニーロなんか下りてきそうな雰囲気。
アンティーク調ではなく、まさにアンティーク。
本物は漂っている空気が違った。

っで、自分はお泊まりしなかったのだが...。

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

ちなみに三谷幸喜のTHE 有頂天ホテルでもロケ地になったらしい。

投稿者 TAKAHASHI : 17:07 | トラックバック

TOP > 12 Travel, 79 EPSON R-D1s > 雨の元町
17
December
2006

雨の元町

61217motomachi2.jpg

61217motomachi.jpg

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

天気が悪いと、どうしても外をぶらぶらって事にならず、
暖かそうな店内に入ってしまうもの。
テレビドラマで見たそのお店で、予想外の...。
(高級チョコなら、まあ予想内だが...。)

投稿者 TAKAHASHI : 10:55 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 12 Travel, 79 EPSON R-D1s > adidas戦士
15
December
2006

adidas戦士

61215adidas1.jpg

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

中々地方では見ることが出来ないのが、この手の巨大広告。

やっぱかっこええですなアデダスは。

投稿者 TAKAHASHI : 10:31 | トラックバック

TOP > 12 Travel, 79 EPSON R-D1s > 赤レンガの中は暖かい
14
December
2006

赤レンガの中は暖かい

61214akarenga1.jpg

61214akarenga2.jpg

61214akarenga3.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

サンタも踊る...

投稿者 TAKAHASHI : 10:46 | トラックバック

TOP > 12 Travel, 79 EPSON R-D1s > 雨の赤レンガ倉庫
13
December
2006

雨の赤レンガ倉庫

61213ame.jpg

横浜ランドマークタワーから、しとしと雨の降る中、ようやくたどり着いた。
見上げればどんより鉛色の空...。

61213sora.jpg

ほんの数時間前は、こんな爽やかな雲の上だったが...。

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

投稿者 TAKAHASHI : 13:24 | トラックバック

TOP > 32 Episode, 52 Topics, 79 EPSON R-D1s > Capture One PRO
13
December
2006

Capture One PRO

c1sample.jpg

R-D1sを導入して約1ヶ月。
画質の面からしてもウチの長男EOS 5Dが、余りにも優秀なため、
次男としてやってきたR-D1sが、なんとも出来の悪いやんちゃもの。
しかし、出来の悪い子ほどかわいいと言葉通り、折角持ち合わせている素質を活かして、
なんとか、いい絵に落ち着かないかと試行錯誤。
現像ソフトを色々試し、たどり着いた先がC1 PRO
正直R-D1sの画像が見違えるように変わった...。

R-D1sで一番気になっていたのは、暗部の階調である。Sonnarなどボケをいかした暗いシーンなど、ベタ、ベタっとトーンジャンプする。これは、主にCameraRAWを使ってのこと。処理速度、使い勝手を考えると圧倒的にCameraRAWに軍配が上がる。しかし、その暗部の醜いトーンジャンプは気になる。EPSON Photolierを使うと、そのトーンジャンプはさほど起きない。さすが純正ソフトということなんだろう。しかし、ノイズは露骨に出るし、処理速度も遅いし、操作感がなんとも良くない。
Adobe Lightroomも試した。CameraRAWよりもかなり機能面は充実しているが、こと現像結果となると全く同じである。SILKYPIXもさわってみたが、やはり暗部のトーンジャンプは出る。ん〜、これは仕方ないか・・・っと矢先に、ふと思いだした。Capture One。
EOS 10Dの頃は、メインでこの現像ソフトを使っていた。5DになってCameraRAWを使うようになりバージョンアップもしないまま放置してあった。早速、最新版をダウンロード。触ってみる。デモ版に付き現像こそ出来ないが、プレビューで操作して見ている限り、暗部のベタっとしたトーンジャンプは出ない。また、ノイズ軽減の機能もあり、高感度のノイズも一段分ほど軽減される。
また、このソフト、かなりのカメラのプロファイルも読み込む。プロファイルを変えていくと、ザックザックと微妙な表現を生成してくれる。当然、LEICA M8は標準ソフトになっているので、すでに対応済み。
早速、バージョンアップを済ませ、色々撮ったものを現像してみる。いままで、やや諦めていたカットも見違えるようになった。特に人物の肌、髪の毛などの緩い階調はなめらかに表現してくれる。なんか、いいボディに買い替えたような満足感がある。とりあえず、かなり高性能なソフトのため使いこなしには時間は掛かるが、今後、気を遣う物はC1 PROで。と言う感じです。
以下、拡大サンプル。50%縮小リサイズのみ。JPG画像に付きわかりにくいが、写真によって露骨に違う物もある。ホワイトバランス、露出など同じ条件で現像はしているもののそれぞれかなり違いが出た。
R-D1s / ISO800 / C Sonnar

rawtest_cr.jpg
Camera RAW

rawtest_ep.jpg
EPSON Photolier

rawtest_c1.jpg
Capture One PRO

里見町リキュールのマスターへ。勝手ながら再度登場いただき感謝致します。

投稿者 TAKAHASHI : 11:02 | コメント (4) | トラックバック

TOP > 12 Travel, 79 EPSON R-D1s > 横浜は雪国
12
December
2006

横浜は雪国

61212snow1.jpg

61212snow2.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

今年、旅行らしい旅行って最初じゃないかな...。
残念なことに着いた横浜は冷たい雨。

雨は雨で予定外の出来事もあって、それはそれで旅です。
一泊二日。横浜・東京お上りの旅。
しばらく、そのスナップは続きます。

at 横浜ロイヤルパークホテル フロント

投稿者 TAKAHASHI : 10:04 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > kazuの木
07
December
2006

kazuの木

61207kazu.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

11番と言えば...。かな。
ちょっと前だが、横浜FCがJ2優勝した。

投稿者 TAKAHASHI : 11:51 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 54 Food and Drink, 79 EPSON R-D1s > 里見町オフ会
04
December
2006

里見町オフ会

61201satomi1.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

もう一週間も前だが、NOCAさんと「粉」へ。
そして場所を変えて連れてきてもらったのが、
「里見町リキュール」。
そこへKawakamiさんもやってきて、ちょっとした里見町オフ会。

61201satomi2.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

カウンターが、T字型になっており、横にマスター、
向かい会わせにお客さんっていう、なんともアットホームなお店。
ヒゲのマスターが、また、いい雰囲気で、
写真談義にえらい食いついてくる。
また、ひとつ立ち寄りポイントを見つけた。

投稿者 TAKAHASHI : 13:38 | コメント (9) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > スイスイ横浜へ
02
December
2006

スイスイ横浜へ

61202suisui.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

来週末9日はこの歳になって初めての横浜へ行く。
意外と国内って行ったこと無いところが多い...。
(海外もそんな行ってるわけではないけど)
昨日は、写真の名作に触れて刺激を受けたところ。
東京でもいいものがやっていれば立ち寄りたいところだが。

あと、折角なので銀座ライカへも立ち寄りたい。
ついでに、レンズも物色したい。
もちろん、それは中古ショップでの話しだが、
銀座相場を見て来るのみだと思うけど...。
欲しいと言えば、21、25、28、35...。

投稿者 TAKAHASHI : 10:21 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 52 Topics, 79 EPSON R-D1s > こころの文化の日
01
December
2006

こころの文化の日

61201tonami.jpg

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

nocaさんのすすめで砺波市美術館へ。

京都国立近代美術館コレクション写真展
アメリカン・フォトグラファーズ
-19人の写真家の眼-

本物の写真プリントを見た気がした。
いろいろ感じる物が多かった。
ひとことでは言い表せないので自分の心にしまっておくことに...。
図録は手にして見たが、結局買わなかった。

投稿者 TAKAHASHI : 18:02 | コメント (4) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 脈打つ枝
30
November
2006

脈打つ枝

61130led1.jpg

61130led2.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

金沢にも地味ながらXmasの装飾。
LEDと雪吊りが妙におもしろいマッチングかも。

投稿者 TAKAHASHI : 18:16 | コメント (4) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > カ・ン・コ・ク
28
November
2006

カ・ン・コ・ク

61128niku1.jpg

61128niku3.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

ちょっと焼肉を食べに韓国行ってきました。

61128niku2.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

ウソです。近場の焼肉屋です。

投稿者 TAKAHASHI : 10:36 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 秋色
27
November
2006

秋色

61127mono1.jpg

61127mono2.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

色のないことで...秋色

投稿者 TAKAHASHI : 21:48 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 願い事
26
November
2006

願い事

61126omikuji.jpg

61126senko.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

縛ってみたり、火を付けてみたりで願うのです...ニッポン人。

投稿者 TAKAHASHI : 15:33 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 炎という文字
25
November
2006

炎という文字

61125natadera2.jpg

61125natadera1.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 15:51 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 那谷寺の紅葉
24
November
2006

那谷寺の紅葉

61124natadera.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

何年ぶりだろうか...紅葉の時期に那谷寺に来たのは。
まだ、少し早いか。

投稿者 TAKAHASHI : 17:22 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > おみくじ
20
November
2006

おみくじ

61120omikuji.jpg

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

投稿者 TAKAHASHI : 19:35 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > モノトーン階調
19
November
2006

モノトーン階調

61119mono1.jpg

61119mono2.jpg

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

デジタルのお陰で、一枚のショットでモノクロの表現も味わえる。
実はデジタルでのモノクロ表現は結構難しい。
いろんなテクニック本で紹介されていて、
一般的にフォトショップでいじり倒すことになるが、
やはり触れば触るほど階調も飛び思うようにもなりにくい。

R-D1でのPhotolier現像。
これのモノクロモードがなんともいい感じなのである。
階調もなめらかで、カラーで撮ったものがまた一つ蘇る気がする。
EPSONはモノクロ写真の表現にこだわったプリンターがあるくらいに、
意外とこの辺は研究されているのか。
なんか一粒で二度おいしいR-D1の写真。

投稿者 TAKAHASHI : 14:11 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 54 Food and Drink, 79 EPSON R-D1s > くろ舟焼
18
November
2006

くろ舟焼

61118takoyaki1.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

レンタルCDを返しにTSUTAYA金沢店に...。
なんかいいにおいがするじゃないですか。
おまけに、なんか並んでいるし。
っで買わないわけにはいかんでしょう。

61118takoyaki4.jpg

61118takoyaki2.jpg

61118takoyaki3.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

帰りの車の中、家まで食わずに持ち帰れたという自分。
なんて大人なんでしょう。
買った「ねぎのせ」はねぎ好きにはたまらんですね。
家に着くなりビールでく〜っと。

投稿者 TAKAHASHI : 08:34 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 52 Topics, 79 EPSON R-D1s > 個体差
16
November
2006

個体差

61116chair.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

C Sonnarとの相性か、ピリッとこない距離計に、二度の松本への長旅から帰ってきたR-D1s。当初あまりの狂いから何を信じればいいか分からないくらいに、悩んだ距離計問題も行き着くところ、自分の結論として、やはり個体差という言葉に集約される気がする。
実際、どのくらいの狂いがあるのか、定規を当ててのテスト結果から、C Sonnarは他レンズより、やや前ピンに来る。自分のR-D1sが元々前ピン傾向にあることからして、C Sonnarで撮ったものはそれこそ、距離計通り撮っても全くピントが来ない。
EPSONサービスでR-D1sを見てもらったところ、EPSONでのテストレンズでは後ピンに来るという・・・。EPSONでは、無限で距離計を合わすという。無限だろうが、近接だろうが、どの域でも距離計にちゃんと精度があれば合うもんだろうと思っていたのだが、そうでもないようだ。
実際、1m、1.5m、2m、3mとテストすると、それこそ同じレンズでも、撮影距離によっても前ピン、後ピンが出てくる。C Sonnarもそうだし、Mizuno氏に借りているズミクロンもそうだ。C Sonnarは新品ではあるが、中古レンズともなると、前オーナーのよく使う撮影距離やクセによって、その個体は厳密に言うと日々変化していく。
もちろん、この話しは神経質なミリ単位の話しではなく、ざっくり何センチっていうくらいのアバウトな精度の話しである。もともとレンジファインダーなんていうカメラは広角で、それこそパンフォーカスでパカパカ、目の前の風景を切り取っていくという性格のものだろう。R-D1sが欲しくなったのもそれが当初の目的。しかし、F値の明るい50mmなんという玉があると、開放で撮りたいって言う写欲にかられるのも当然なのである。
やはり、レンジファインダーなんていうカメラはそういったものも含めて受け入れてこそのスナップシューターなんだろう。なにはともあれ、この小気味よい撮影感覚は、一眼レフでは味わえない。なんとも愛すべき撮影器具である。

投稿者 TAKAHASHI : 19:45 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > Pandaとkoala
16
November
2006

Pandaとkoala

61116panda.jpg

61116koara.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM + ND4

世界人気二大動物。本物だと、Pandaには乗れそうだが、koalaには無理でしょう。
どっちも現在出没警戒中の熊っぽいですが、Koalaは違うらしい...。

投稿者 TAKAHASHI : 09:16 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 秋の遊具
15
November
2006

秋の遊具

61115yuugu2.jpg

61115yuugu1.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM + ND4

R-D1sが二度目の調整から帰ってきた。
距離計が、なんともビシッっと来なかったのが、調整してもらった。
自分として、なんとか許容範囲になってきているので、EPSONサービスに大変感謝している。
しかし、相変わらずピリッとしないのが、C Sonnarの方。
やはりこちらもメーカーで精度見てもらいたいものなのだが...。

投稿者 TAKAHASHI : 14:10 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 52 Topics, 79 EPSON R-D1s > 椅子
09
November
2006

椅子

61108chair.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

以前から興味のあった、fotologue。
重いのが難点だが、ギャリーとしては見せ方が美しいので、
デジタル・レンジファインダー入手を機に登録してみた。
どんな使い方があるのか...。また、どんなコミュニケーションがあるのか...。
実験的に公開。
http://fotologue.jp/takahashi-design/

投稿者 TAKAHASHI : 18:53 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 影
08
November
2006

61108kage.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 08:50 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 佇む
07
November
2006

佇む

61107hito.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

投稿者 TAKAHASHI : 10:17 | トラックバック

TOP > 12 Travel, 79 EPSON R-D1s > 九頭竜湖
06
November
2006

九頭竜湖

61106kuzuryu.jpg

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

投稿者 TAKAHASHI : 10:23 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 旗
03
November
2006

61104hata.jpg

61104fune.jpg

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

15mmの1.5倍相当ではあるが、G 21mmのファインダーでほぼイメージがつかめる。
見えも良く、センターに十字の指標もあるので使いやすい。
このくらいの絵はファインダー無しでもいいくらいだが、
それなりに気を遣って撮ってたりする...。

投稿者 TAKAHASHI : 20:11 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 濃厚
03
November
2006

濃厚

61031light.jpg

61031hune.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM + ND4

投稿者 TAKAHASHI : 11:49 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > お座敷犬
02
November
2006

お座敷犬

61102c.jpg

by R-D1s / Leitz Summicron-L 5cm F2 / borrowed lens

「なにしてんの〜」
こんな表情でおさまったことがない...我が家の末娘。

色は黒いし、室内は暗いし、AF一眼レフはほとんどピントが合わない。
肉眼で合わせようにも暗くてピントの山なんて分からない。
そうこうしているうちに巨大なレンズを向けられた彼女は、すぐに目をそらす。

正直、こんな目でこっちを見つめてる写真はほとんどない。
これもレンジファインダーだからなせる技か。

mizuno氏に借りた、年代物のSummicronは柔らかい絵を創ってくれた。

投稿者 TAKAHASHI : 08:44 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > 14番「星影のワルツ」
01
November
2006

14番「星影のワルツ」

61031mike.jpg

それでは、張り切って唄って頂きましょう...。

61031hakushu.jpg

拍手ー。

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM + ND4

投稿者 TAKAHASHI : 08:20 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > ススキ
31
October
2006

ススキ

61031susuki.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM + ND4

ISO200、1/2000秒。開放だと、ND4では追いつかない...。
あと揺れるものはレンジファインダーでも合焦に苦労する。

投稿者 TAKAHASHI : 08:09 | コメント (5) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > ロープ
30
October
2006

ロープ

61030c1.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM + ND4

RAWで撮っての現像は、CameraRAWとPhotolierを併用するが、
撮影時設定のまま現像しても、かなり違う。
JPGを同時記録した場合はPhotolierに近いが同じでもない。
Photolierはコントラストも高く好みの時もあるが、
CameraRAWの方が、階調がよく出ている気がして、
操作も含めて快適なのでこちらを使う。

投稿者 TAKAHASHI : 08:28 | コメント (2) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > Zeiss come back
29
October
2006

Zeiss come back

61029c1.jpg

61029c2.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM + ND4

61029c3.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM + ND4

いつもの小松漁港。
すでに夕暮れ時だったが、やはりZeissの色味が濃厚で美しい。
京セラの撤退で、消えかかった灯火が燃え上がり、なんともうれしい。
コシナ、エプソンに大感謝。
あとは距離計だが・・・。
(今のところ、C Sonnarは、あえて後ピンにして撮影。なんとも焦れったい。)

投稿者 TAKAHASHI : 20:05 | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > Digital Snap Shooter
28
October
2006

Digital Snap Shooter

61028rd1.jpg

61028rd2.jpg

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

そう、これが欲しかった...。
覗いてはシャッターを切る。そして、巻き上げる、そして切る...。

61028rd3.jpg

by R-D1s / Voigtlander Super WIDE-HELIAR 15mm F4.5

Contax G1にBiogon 21mmをつけてのスナップショットが楽しかった。それをデジタルでやりたかった。ややスタイルは違うものの、AFではないR-D1は、G1以上に軽快さを与えてくれる。ファインダーはG Biogonの21mmファインダーが見やすかったので、それを使う。15mmのSWHは1.5倍で22.5mm相当。21mmよりやや狭いが、自分の思うスナップショットは21mmくらいが気持ちいい。それがデジタルで手に入った。R-D1。自分にとってこのレンズ一本でもいいんじゃないか・・・って。

61028rd4.jpg

この気楽さに喜びを感じるのも、実は、C Sonnarと自分のR-D1sとの相性なのか、距離計の誤差に悩む。かなりの前ピンに、エプソンサービスに送った。エプソンサービスでは、手持ちのレンズではその症状が出ないとのことで、しばらくお使いくださいと戻ってきた。狐につままれた気分で、戻ってきたR-D1sにC Sonnar装着で撮ってみるも、やはりかなり前ピン。シビアなピントとボケを楽しむべく選んだC Sonnarとの相性がこれだと、かなり残念。
いろいろ聞くと、同じボディでもレンズによって前ピン、後ピンがでるそうで、それこそ、レンズの使用状況によっては誤差も出てくるわけで、個体差と言ってしまえばそれだけだが・・・。レンジファインダーの距離計でのピント合わせは、一眼レフでは考えられないスピードを持つ。しかし、ピントの山が分からないので、像が重なるしか信じるものはない。それが狂っていると何を見てピントを合わせればいいんだっていうのが正直なところ。前ピンを前提で、像をずらして撮ってしまいいいだろが、なんとも気分が悪い・・・。
C Sonnarと両方送り、それに合わせて距離計を調整してもらおうかととも考える。すると、また、手元から離れることに...。ん〜、なかなか盆と正月は一度に来ない。

投稿者 TAKAHASHI : 20:10 | コメント (4) | トラックバック

TOP > 11 Daily Shot, 79 EPSON R-D1s > Digital Rangefinder début
22
October
2006

Digital Rangefinder début

61022firstrd1.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

61022rd2.jpg

by R-D1s / Carl Zeiss C Sonnar T* 50mm F1.5 ZM

近年、カメラを購入してこれだけわくわくしたものはあっただろうか。
巻き上げのギミックなど、デジタルとして不要なエッセンスかもしれないが、
そのまま数字で認識できるダイヤルやメータ、
操作感が何とも懐かしく、理にかなっている。
発売から二年以上経つのに現行機というデジタル機器。

革ケースに、革ストラップなどでデコレーションして、
レンズを装着してにんまり。
LEICA M8が世の中を賑わしている中、
今更ながらR-D1を手にすることが出来、童心に返ったような気がする...

投稿者 TAKAHASHI : 19:33 | コメント (9) | トラックバック